吸脱着二重セルを用いて測定した凝集力の異なる各種液体のアルゴン溶解度

この論文をさがす

著者

    • 王, 穎輝 オウ, エイキ

書誌事項

タイトル

吸脱着二重セルを用いて測定した凝集力の異なる各種液体のアルゴン溶解度

著者名

王, 穎輝

著者別名

オウ, エイキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第4730号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 緒言 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 液体のガス溶解度に関する従来の研究 / p4 (0009.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と論文の構成 / p12 (0017.jp2)
  6. 参考文献 / p15 (0020.jp2)
  7. 第2章 吸脱着二重セルと四重極質量分析計を用いた液体のAr溶解度測定法 / p18 (0023.jp2)
  8. 2.1 緒言 / p18 (0023.jp2)
  9. 2.2 四重極質量分析計(QMS)によるArガスの定量 / p19 (0024.jp2)
  10. 2.3 吸脱着二重セルの検討 / p34 (0038.jp2)
  11. 2.4 結論 / p62 (0066.jp2)
  12. 参考文献 / p64 (0068.jp2)
  13. 第3章 純水およびハロゲン化物水溶液のAr溶解度 / p65 (0069.jp2)
  14. 3.1 緒言 / p65 (0069.jp2)
  15. 3.2 実験方法 / p65 (0069.jp2)
  16. 3.3 結果と考察 / p69 (0073.jp2)
  17. 3.4 結論 / p83 (0087.jp2)
  18. 参考文献 / p84 (0088.jp2)
  19. 第4章 純溶融硝酸塩(NaNO₃、LiNO₃、KNO₃)およびそれらの混合塩のAr溶解度 / p85 (0089.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p85 (0089.jp2)
  21. 4.2 実験方法 / p86 (0090.jp2)
  22. 4.3 結果と考察 / p96 (0100.jp2)
  23. 4.4 結論 / p115 (0120.jp2)
  24. 参考文献 / p117 (0122.jp2)
  25. 第5章 Succinonitrile〔(CH₂,CN)₂〕のAr溶解度 / p119 (0124.jp2)
  26. 5.1 緒言 / p119 (0124.jp2)
  27. 5.2 実験方法 / p120 (0125.jp2)
  28. 5.3 結果と考察 / p125 (0130.jp2)
  29. 5.4 結論 / p131 (0136.jp2)
  30. 参考文献 / p132 (0137.jp2)
  31. 第6章 溶融金属のガス溶解度の検討 / p133 (0138.jp2)
  32. 6.1 緒言 / p133 (0138.jp2)
  33. 6.2 Ar溶解度と表面張力 / p133 (0138.jp2)
  34. 6.3 金属の希ガス溶解度の考察 / p135 (0140.jp2)
  35. 6.4 溶鉄におけるAr溶解度の計算 / p137 (0142.jp2)
  36. 6.5 結論 / p140 (0145.jp2)
  37. 参考文献 / p141 (0146.jp2)
  38. 第7章 総括 / p142 (0147.jp2)
  39. 謝辞 / (0151.jp2)
11アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172288
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172563
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336602
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ