光切断法と投影法の同時測定による3次元形状入力とそのモデル生成に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 大原, 広幸 オオハラ, ヒロユキ

書誌事項

タイトル

光切断法と投影法の同時測定による3次元形状入力とそのモデル生成に関する研究

著者名

大原, 広幸

著者別名

オオハラ, ヒロユキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第4756号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. 1 序論 / p3 (0004.jp2)
  3. 1.1 背景 / p3 (0004.jp2)
  4. 1.2 目的 / p5 (0006.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p6 (0007.jp2)
  6. 2 従来の形状測定法及び再生法 / p8 (0009.jp2)
  7. 2.1 投影法 / p8 (0009.jp2)
  8. 2.2 スリット光を用いた光切断法 / p9 (0010.jp2)
  9. 2.3 2方向からのスリット光投射による形状の測定と再生 / p13 (0014.jp2)
  10. 3 光切断法と投影法の同時測定法 / p19 (0020.jp2)
  11. 3.1 光切断法と投影法による形状再生 / p19 (0020.jp2)
  12. 3.2 測定原理 / p21 (0022.jp2)
  13. 3.3 光切断法による測定で物体が存在しない部分の処理 / p24 (0025.jp2)
  14. 3.4 両測定法を用いても正確な再生が不可能な物体形状 / p24 (0025.jp2)
  15. 3.5 本手法での光切断法における境目判定についての考察 / p26 (0027.jp2)
  16. 4 物体形状のモデリング / p28 (0029.jp2)
  17. 4.1 ボクセルモデルに対するモデリング / p29 (0030.jp2)
  18. 4.2 サーフェスモデルに対するモデリング / p34 (0035.jp2)
  19. 5 形状の測定と再生結果 / p51 (0052.jp2)
  20. 5.1 球面波光の投射による測定データの修正 / p51 (0052.jp2)
  21. 5.2 測定装置の設定 / p52 (0053.jp2)
  22. 5.3 閾値の設定 / p54 (0055.jp2)
  23. 5.4 円柱の測定結果 / p56 (0057.jp2)
  24. 5.5 例題的な形状の再生結果 / p56 (0057.jp2)
  25. 5.6 ボクセルモデルとサーフェスモデルによる再生結果 / p62 (0063.jp2)
  26. 5.7 明暗の境目が観測できない部分での奥行きを0とした場合の再生像 / p68 (0069.jp2)
  27. 5.8 光切断法によるモデリングで投影法のデータを考慮しない場合の再生結果 / p72 (0073.jp2)
  28. 5.9 黒塗りの部分がある物体の再生結果 / p72 (0073.jp2)
  29. 6 結論 / p78 (0079.jp2)
  30. 参考文献 / p81 (0082.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172314
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172589
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336628
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ