寒冷地の水理構造物に作用する鉛直方向氷荷重に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 寺島, 貴志 テラシマ, タカシ

書誌事項

タイトル

寒冷地の水理構造物に作用する鉛直方向氷荷重に関する研究

著者名

寺島, 貴志

著者別名

テラシマ, タカシ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第4786号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. =目次= / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の目的と構成 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 寒冷地の海域、河川及び湖沼等における水理構造物の諸問題 / p4 (0008.jp2)
  5. 1.3 設計基準 / p17 (0014.jp2)
  6. 1.4 既存の研究 / p24 (0018.jp2)
  7. 1.5 まとめ / p29 (0020.jp2)
  8. 1.6 参考文献 / p30 (0021.jp2)
  9. 第2章 単独の直立構造物に作用する鉛直方向氷荷重に関する理論解析 / p34 (0023.jp2)
  10. 2.1 概説 / p34 (0023.jp2)
  11. 2.2 円形断面を有する直立構造物に作用する氷荷重 / p35 (0024.jp2)
  12. 2.3 楕円形断面を有する直立構造物に作用する氷荷重 / p71 (0042.jp2)
  13. 2.4 正方形断面を有する直立構造物に作用する氷荷重 / p83 (0048.jp2)
  14. 2.5 まとめ / p87 (0050.jp2)
  15. 2.6 参考文献 / p90 (0051.jp2)
  16. 第3章 多脚構造物、直立壁等の構造物に作用する鉛直方向氷荷重に関する理論解析 / p95 (0054.jp2)
  17. 3.1 概説 / p95 (0054.jp2)
  18. 3.2 複数の杭状構造物に作用する氷荷重に関する理論解析 / p97 (0055.jp2)
  19. 3.3 直立壁に作用する氷荷重に関する理論解析 / p107 (0060.jp2)
  20. 3.4 まとめ / p118 (0066.jp2)
  21. 3.5 参考文献 / p119 (0066.jp2)
  22. 第4章 氷盤の強度 / p123 (0068.jp2)
  23. 4.1 概説 / p123 (0068.jp2)
  24. 4.2 氷盤と各種材料との凍着強度 / p124 (0069.jp2)
  25. 4.3 氷盤の曲げ強度 / p139 (0076.jp2)
  26. 4.4 まとめ / p144 (0079.jp2)
  27. 4.5 参考文献 / p145 (0079.jp2)
  28. 第5章 構造物に作用する鉛直方向氷荷重に関する実験的研究 / p147 (0080.jp2)
  29. 5.1 概説 / p147 (0080.jp2)
  30. 5.2 単独の直立構造物に作用する鉛直方向氷荷重に関する野外実験 / p149 (0081.jp2)
  31. 5.3 多脚構造物に作用する鉛直方向氷荷重に関する野外実験 / p178 (0096.jp2)
  32. 5.4 鉛直方向氷荷重を考慮した杭状構造物の試設計 / p187 (0100.jp2)
  33. 5.5 鉛直方向氷荷重の低減方法 / p197 (0105.jp2)
  34. 5.6 まとめ / p203 (0108.jp2)
  35. 5.7 参考文献 / p207 (0110.jp2)
  36. 第6章 おわりに / p209 (0111.jp2)
  37. 6.1 第1章の要約 / p209 (0111.jp2)
  38. 6.2 第2章の結論 / p211 (0112.jp2)
  39. 6.3 第3章の結論 / p214 (0114.jp2)
  40. 6.4 第4章の結論 / p215 (0114.jp2)
  41. 6.5 第5章の結論 / p216 (0115.jp2)
  42. 6.6 今後の課題 / p219 (0116.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172344
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172619
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336658
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ