【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

タバコモザイクウイルスの増殖に関与するシロイヌナズナTOMI遺伝子のクローニングならびにTMV-Cg株の全塩基配列の決定

この論文をさがす

著者

    • 山中拓哉 ヤマナカ, タクヤ

書誌事項

タイトル

タバコモザイクウイルスの増殖に関与するシロイヌナズナTOMI遺伝子のクローニングならびにTMV-Cg株の全塩基配列の決定

著者名

山中拓哉

著者別名

ヤマナカ, タクヤ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

甲第4819号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 要約 / p1 (0005.jp2)
  3. 第1章 緒論 / p2 (0006.jp2)
  4. 第一部 シロイヌナズナナTOM1遺伝子のクローニング / p8 (0012.jp2)
  5. 第2章 実験材料および方法 / p8 (0012.jp2)
  6. 2-1 使用したウイルス / p8 (0012.jp2)
  7. 2-2 使用した植物 / p8 (0012.jp2)
  8. 2-3 使用した菌株 / p8 (0012.jp2)
  9. 2-4 シロイヌナズナの播種及び生育条件 / p8 (0012.jp2)
  10. 2-5 バクテリアのエレクトロポレーション法による形質転換 / p9 (0013.jp2)
  11. 2-6 シロイヌナズナのゲノムDNAの抽出 / p10 (0014.jp2)
  12. 2-7 酵母DNAの抽出 / p12 (0016.jp2)
  13. 2-8 プラスミドDNAの調製 / p12 (0016.jp2)
  14. 2-9 サザンブロッティング / p14 (0018.jp2)
  15. 2-10 シロイヌナズナ全RNAの抽出 / p15 (0019.jp2)
  16. 2-11 ノザンブロッティング / p15 (0019.jp2)
  17. 2-12 cDNAライブラリーのスクリーニング / p16 (0020.jp2)
  18. 2-13 各種PCRによるDNA断片の増幅 / p16 (0020.jp2)
  19. 2-14 シロイヌナズナ植物体へのウイルス接種 / p18 (0022.jp2)
  20. 2-15 SDS-ポリアクリルアミド電気泳動 / p18 (0022.jp2)
  21. 2-16 ウエスタンブロッティング / p19 (0023.jp2)
  22. 2-17 減圧浸潤法による植物の形質転換 / p19 (0023.jp2)
  23. 2-18 シロイヌナズナカルス培養細胞に対するエレクトロポレーション法によるプラスミドDNAの導人と細胞内局在性の観察 / p21 (0025.jp2)
  24. 2-19 蛍光サイクルシークエンシングによる塩基配列の決定 / p23 (0027.jp2)
  25. 第3章 実験結果 / p24 (0028.jp2)
  26. 3-1 TOM1遺伝子座のマッピング / p24 (0028.jp2)
  27. 3-2 TOM1遺伝子座近傍領域の各種DNAクローンによるコンティグの作製 / p33 (0037.jp2)
  28. 3-3 T-DNAによるtoml-1変異の相補 / p37 (0041.jp2)
  29. 3-4 TOM1遺伝子領域のcDNAクローンの分離とその解析 / p40 (0044.jp2)
  30. 3-5 TOM1転写産物の解析 / p48 (0052.jp2)
  31. 3-6 TOM1遺伝子産物の推定アミノ配列に基づいた解析 / p50 (0054.jp2)
  32. 3-7 TOM1タンパク質の機能解析 / p55 (0059.jp2)
  33. 3-8 シロイヌナズナにおけるTOM1ホモログの解析 / p59 (0063.jp2)
  34. 第4章 考察 / p61 (0065.jp2)
  35. 4-1 TOM1遺伝子のポジショナルクローニング / p61 (0065.jp2)
  36. 4-2 tom1変異の同定 / p65 (0069.jp2)
  37. 4-3 TOM1 ORFの予測とウ工ス夕ン解析 / p66 (0070.jp2)
  38. 4-4 TOM1夕ンパク質の構造予測 / p67 (0071.jp2)
  39. 4-5 TOM1-GFP融合夕ンパク質を用いた細胞内局在性の解析 / p68 (0072.jp2)
  40. 4-6 シロイヌナズナにおけるTOM1ホモログ-TOM3 / p70 (0074.jp2)
  41. 4-7 TOM1の機能は何であろうか? / p70 (0074.jp2)
  42. 第二部 TMV-Cg株の全塩基配列の決定 / p75 (0079.jp2)
  43. 第5章 実験材料および方法 / p75 (0079.jp2)
  44. 5-1 使用したウイルス / p75 (0079.jp2)
  45. 5-2 ウイルスRNAの抽出 / p75 (0079.jp2)
  46. 5-3 ラジオアイソトープを用いたDNAシークエンシング / p75 (0079.jp2)
  47. 5-4 逆転写酵素を用いたダイデオキシ法によるRNAシークエンシンブ / p76 (0080.jp2)
  48. 5-5 配列特異的伸長停止法 / p76 (0080.jp2)
  49. 5-6 脱キャップ反応 / p77 (0081.jp2)
  50. 第6章 実験結果 / p78 (0082.jp2)
  51. 6-1 TMV-CgのcDNAクローニングならびにシークエンシング / p78 (0082.jp2)
  52. 6-2 TMV-Cgの塩基配列の不確定部分の決定 / p80 (0084.jp2)
  53. 6-3 5'付近230塩基の領域に対応するcDNAのDNAシークエンスの確認 / p81 (0085.jp2)
  54. 6-4 配列未決定部分のRNAシークエンシング / p81 (0085.jp2)
  55. 6-5 配列特異的停止法を用いた5'末端付近の塩基配列の決定 / p82 (0086.jp2)
  56. 6-6 脱キャップ反応によるTMV-Cg RNA5'末端部分の確認 / p83 (0087.jp2)
  57. 6-7 TMV-CgのORFの推定 / p85 (0089.jp2)
  58. 第7章 考察 / p86 (0090.jp2)
  59. 7-1 TMV-Cgゲノムの遺伝子構造 / p86 (0090.jp2)
  60. 7-2 アブラナ科系統のトバモウイルス間でのアミノ酸配列の比較 / p86 (0090.jp2)
  61. 謝辞 / p94 (0098.jp2)
  62. 参考文献 / p95 (0099.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172377
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172652
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336691
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ