ルーピン根分泌性酸性フォスファターゼの発現誘導機構と分泌機構に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 和崎, 淳 ワサキ, ジュン

書誌事項

タイトル

ルーピン根分泌性酸性フォスファターゼの発現誘導機構と分泌機構に関する研究

著者名

和崎, 淳

著者別名

ワサキ, ジュン

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

甲第4820号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1節 食糧生産の問題とリン鉱石資源 / p1 (0006.jp2)
  4. 第2節 植物によるリンの吸収と低リン条件に対する適応戦略 / p3 (0008.jp2)
  5. 第3節 酸性フォスファターゼに関する研究 / p7 (0012.jp2)
  6. 第4節 本研究の目的と概要 / p15 (0020.jp2)
  7. 第2章 ルーピン根分泌性酸性フォスファターゼの機能と諸性質 / p16 (0021.jp2)
  8. 第1節 緒言 / p16 (0021.jp2)
  9. 第2節 実験材料および方法 / p17 (0022.jp2)
  10. 第3節 実験結果および考察 / p29 (0034.jp2)
  11. 1.酵素化学的性質 / p29 (0034.jp2)
  12. 2.分泌性酸性フォスファターゼの機能 / p31 (0036.jp2)
  13. 3.分泌性酸性フォスファターゼの合成・分泌特性 / p33 (0038.jp2)
  14. 第4節 要約 / p46 (0051.jp2)
  15. 第3章 ルーピン根酸性フォスファターゼをコードするcDNAの構造および発現 / p47 (0052.jp2)
  16. 第1節 緒言 / p47 (0052.jp2)
  17. 第2節 実験材料および方法 / p48 (0053.jp2)
  18. 第3節 実験結果および考察 / p57 (0062.jp2)
  19. 1.塩基配列ならびにアミノ酸配列 / p57 (0062.jp2)
  20. 2.既知の植物由来酸性フォスファターゼとの比較 / p61 (0066.jp2)
  21. 3.酸性フォスファターゼアイソザイムの構造 / p65 (0070.jp2)
  22. 4.酸性フォスファターゼアイソザイムのmRNAの発現 / p77 (0082.jp2)
  23. 5.ルーピンゲノムにおける遺伝子のコピー数の推定 / p84 (0089.jp2)
  24. 第4節 要約 / p86 (0091.jp2)
  25. 第4章 ルーピン根分泌性酸性フォスファターゼをコードする遺伝子の解析 / p88 (0093.jp2)
  26. 第1節 緒言 / p88 (0093.jp2)
  27. 第2節 実験材料および方法 / p89 (0094.jp2)
  28. 第3節 実験結果および考察 / p92 (0097.jp2)
  29. 1.塩基配列 / p92 (0097.jp2)
  30. 2.5'-非翻訳領域における各種転写制御領域の推定 / p96 (0101.jp2)
  31. 第4節 要約 / p104 (0109.jp2)
  32. 第5章 総合考察 / p105 (0110.jp2)
  33. 要約 / p114 (0119.jp2)
  34. 謝辞 / p118 (0123.jp2)
  35. 引用文献 / p119 (0124.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172378
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172653
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336692
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ