分子動力学/自由エネルギー摂動法を用いたstaphylococcal nuclease変異体の熱安定性の解析

この論文をさがす

著者

    • 山乙, 教之 ヤマオツ, ノリユキ

書誌事項

タイトル

分子動力学/自由エネルギー摂動法を用いたstaphylococcal nuclease変異体の熱安定性の解析

著者名

山乙, 教之

著者別名

ヤマオツ, ノリユキ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第5450号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

iii, 69p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(薬学)

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 酵素の耐熱化の重要性 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 水素結合及びイオン結合の導入 / p1 (0006.jp2)
  5. 1.3 疎水性相互作用の増強 / p3 (0008.jp2)
  6. 1.4 変性状態における構造エントロピーの減少 / p4 (0009.jp2)
  7. 1.5 分子動力学/自由エネルギー摂動法による解析 / p5 (0010.jp2)
  8. 2 分子動力学/自由エネルギー摂動法 / p6 (0011.jp2)
  9. 2.1 分子力場 / p6 (0011.jp2)
  10. 2.2 分子動力学法 / p7 (0012.jp2)
  11. 2.3 自由エネルギー摂動法 / p8 (0013.jp2)
  12. 2.4 アミノ酸置換 / p10 (0015.jp2)
  13. 3 アミノ酸間の水和の自由エネルギー差 / p12 (0017.jp2)
  14. 3.1 序論 / p12 (0017.jp2)
  15. 3.2 方法 / p14 (0019.jp2)
  16. 3.3 結果と考察 / p17 (0022.jp2)
  17. 3.4 結論 / p21 (0026.jp2)
  18. 4 Staphylococcal nuclease変異体の熱安定性の解析 / p22 (0027.jp2)
  19. 4.1 序論 / p22 (0027.jp2)
  20. 4.2 A69T変異体 / p24 (0029.jp2)
  21. 4.3 G88V変異体 / p33 (0038.jp2)
  22. 4.4 M32A変異体 / p39 (0044.jp2)
  23. 4.5 まとめ / p47 (0052.jp2)
  24. 5 Staphylococcal nuclease M32Lの熱安定性の予測 / p50 (0055.jp2)
  25. 5.1 序論 / p50 (0055.jp2)
  26. 5.2 方法 / p51 (0056.jp2)
  27. 5.3 結果 / p53 (0058.jp2)
  28. 5.4 考察 / p57 (0062.jp2)
  29. 5.5 結論 / p59 (0064.jp2)
  30. 6 まとめ / p60 (0065.jp2)
  31. 参考文献 / p62 (0067.jp2)
  32. 論文目録 / p66 (0071.jp2)
  33. 参考論文 / p68 (0073.jp2)
  34. 謝辞 / p69 (0074.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172487
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172763
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336801
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ