生体触媒を用いるキノロン系合成抗菌薬及びカンプトテシン誘導体の重要不斉中間体の合成研究

この論文をさがす

著者

    • 井村, 明弘 イムラ, アキヒロ

書誌事項

タイトル

生体触媒を用いるキノロン系合成抗菌薬及びカンプトテシン誘導体の重要不斉中間体の合成研究

著者名

井村, 明弘

著者別名

イムラ, アキヒロ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第5451号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 本論 / p6 (0011.jp2)
  4. 第1章 微生物酵素によるキノロン系合成抗菌薬不斉中間体の合成 / p6 (0011.jp2)
  5. 第1節 cis-Alkyl-2-fluorocyclopropanecarboxylate不斉加水分解酵素の探索 / p10 (0015.jp2)
  6. 第2節 土壌から探索した加水分解酵素を有する微生物の同定 / p17 (0022.jp2)
  7. 第3節 cis-Alkyl-2-fluorocyclopropanecarboxylate不斉加水分解酵素の精製 / p19 (0024.jp2)
  8. 第4節 精製酵素の性質及び基質特異性 / p23 (0028.jp2)
  9. 第2章 酵素によるカンプトテシン重要中間体の合成 / p27 (0032.jp2)
  10. 第1節 カンプトテシン重要中間体不斉加水分解酵素の探索 / p30 (0035.jp2)
  11. 第2節 パパインを利用した水-有機溶媒2相系中での反応 / p41 (0046.jp2)
  12. 第3節 不斉加水分解活性本体の解明 / p46 (0051.jp2)
  13. 第3章 酵素法によるカンプトテシン中間体の工業的スケールでの合成 / p48 (0053.jp2)
  14. 第1節 不斉加水分解成績体の効率的分離法の開発 / p48 (0053.jp2)
  15. 第2節 ラセミ化法による不要な異性体の再利用法 / p52 (0057.jp2)
  16. 第3節 200Lリアクターを用いる不斉加水分解反応 / p55 (0060.jp2)
  17. 結論 / p57 (0062.jp2)
  18. 実験の部 / p59 (0064.jp2)
  19. 第1章の実験 / p60 (0065.jp2)
  20. 第2章の実験 / p69 (0074.jp2)
  21. 第3章の実験 / p81 (0086.jp2)
  22. 引用文献 / p85 (0090.jp2)
  23. 論文目録 / p89 (0094.jp2)
  24. 謝辞 / p90 (0095.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172488
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172764
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336802
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ