緩傾斜堤の水理特性に関する基礎的研究

この論文をさがす

著者

    • 高橋, 敏彦 タカハシ, トシヒコ

書誌事項

タイトル

緩傾斜堤の水理特性に関する基礎的研究

著者名

高橋, 敏彦

著者別名

タカハシ, トシヒコ

学位授与大学

北海道大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第5468号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

IV, 203p.

Hokkaido University(北海道大学). 博士(工学)

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 概説 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 本研究の目的と位置付け / p2 (0008.jp2)
  5. 1.3 本研究の構成 / p3 (0009.jp2)
  6. 参考文献 / p6 (0012.jp2)
  7. 第2章 捨石緩傾斜堤への波の打ち上げ特性 / p8 (0014.jp2)
  8. 2.1 序節 / p8 (0014.jp2)
  9. 2.2 捨石緩傾斜堤への波の打ち上げ高さ・反射率 / p9 (0015.jp2)
  10. 2.3 相対水深の違いによる波の打ち上げ高さの検討 / p25 (0031.jp2)
  11. 2.4 結語 / p36 (0042.jp2)
  12. 参考文献 / p37 (0043.jp2)
  13. 第3章 緩傾斜堤への波の打ち上げ高さ・反射率と打ち上げ速度及び戻り流れ / p40 (0046.jp2)
  14. 3.1 序節 / p40 (0046.jp2)
  15. 3.2 緩傾斜堤への波の打ち上げ高さ・反射率 / p41 (0047.jp2)
  16. 3.3 相対水深の違いによる波の打ち上げ高さの検討 / p56 (0062.jp2)
  17. 3.4 緩傾斜堤への波の打ち上げ速度及び戻り流れ / p64 (0070.jp2)
  18. 3.5 結語 / p73 (0079.jp2)
  19. 参考文献 / p75 (0081.jp2)
  20. 第4章 緩傾斜堤への波の打ち上げ高,反射率の一推定法 / p78 (0084.jp2)
  21. 4.1 序節 / p78 (0084.jp2)
  22. 4.2 実験装置及び実験条件 / p80 (0086.jp2)
  23. 4.3 波の打ち上げ高の一推定法 / p80 (0086.jp2)
  24. 4.4 反射率の一推定法 / p89 (0095.jp2)
  25. 4.5 結語 / p93 (0099.jp2)
  26. 参考文献 / p94 (0100.jp2)
  27. 第5章 現地観測値に基づく波の打ち上げ高さ及び遡上特性 / p97 (0103.jp2)
  28. 5.1 序節 / p97 (0103.jp2)
  29. 5.2 現地調査概要 / p98 (0104.jp2)
  30. 5.3 波浪及び波の打ち上げ高さの出現確率 / p100 (0106.jp2)
  31. 5.4 波先端移動速度 / p104 (0110.jp2)
  32. 5.5 相対打ち上げ高さと沖波波形勾配及びsurf similarity parameterの関係 / p109 (0115.jp2)
  33. 5.6 結語 / p113 (0119.jp2)
  34. 参考文献 / p114 (0120.jp2)
  35. 第6章 波の打ち上げ高さに関する数値計算 / p116 (0122.jp2)
  36. 6.1 序節 / p116 (0122.jp2)
  37. 6.2 支配方程式 / p116 (0122.jp2)
  38. 6.3 計算値と実験値の比較 / p124 (0130.jp2)
  39. 6.4 結語 / p134 (0140.jp2)
  40. 参考文献 / p134 (0140.jp2)
  41. 第7章 緩傾斜堤が海浜地形に及ぼす影響 / p136 (0142.jp2)
  42. 7.1 序節 / p136 (0142.jp2)
  43. 7.2 実験装置及び実験条件 / p137 (0143.jp2)
  44. 7.3 緩傾斜堤の有無による海浜地形の比較 / p140 (0146.jp2)
  45. 7.4 緩傾斜堤の設置位置に関する検討 / p144 (0150.jp2)
  46. 7.5 結語 / p155 (0161.jp2)
  47. 参考文献 / p156 (0162.jp2)
  48. 第8章 緩傾斜堤の被災に関する検討 / p159 (0165.jp2)
  49. 8.1 序節 / p159 (0165.jp2)
  50. 8.2 緩傾斜堤の法尻と汀線の距離を固定した場合 / p160 (0166.jp2)
  51. 8.3 緩傾斜堤の基礎工と汀線の距離を固定した場合 / p171 (0177.jp2)
  52. 8.4 基礎工のタイプ,根入れ深さ等の検討 / p183 (0189.jp2)
  53. 8.5 結語 / p194 (0200.jp2)
  54. 参考文献 / p196 (0202.jp2)
  55. 第9章 結論 / p199 (0205.jp2)
  56. 謝辞 / p203 (0209.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172505
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172781
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000336819
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ