【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

イギリスの少年司法制度

この論文をさがす

著者

    • 木村, 裕三 キムラ, ユウゾウ

書誌事項

タイトル

イギリスの少年司法制度

著者名

木村, 裕三

著者別名

キムラ, ユウゾウ

学位授与大学

名城大学

取得学位

博士(法学)

学位授与番号

乙第105号

学位授与年月日

1998-11-11

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p3 (0005.jp2)
  2. はしがき / p1 (0004.jp2)
  3. 既発表関連論文一覧 / p8 (0010.jp2)
  4. 第一編 イギリスの少年司法制度の発展 / (0011.jp2)
  5. 第一章 少年司法制度の形成期 / p3 (0012.jp2)
  6. 第一節 博愛主義の出現と少年犯罪者 / p3 (0012.jp2)
  7. 第二節 インダストリアル・スクールならびにレフォーマトリーの改革 / p13 (0017.jp2)
  8. 第二章 刑事責任年齢 / p21 (0021.jp2)
  9. 第一節 刑事責任の概念 / p21 (0021.jp2)
  10. 第二節 刑事責任年齢の形成の沿革 / p23 (0022.jp2)
  11. 第三節 アンダロ・サクソン法とコモン・ローにおける少年の刑事責任 / p27 (0024.jp2)
  12. 第四節 刑事責任年齢をめぐる基準形成の過程 / p30 (0026.jp2)
  13. 第五節 現在の刑事責任年齢をめぐる諸問題 / p35 (0028.jp2)
  14. 第三章 少年犯罪者処遇の実情と刑事責任の理念 / p39 (0030.jp2)
  15. 第一節 少年犯罪者対策 / p39 (0030.jp2)
  16. 第二節 少年犯罪者処遇の実情 / p40 (0031.jp2)
  17. 第三節 少年の処遇をめぐる諸問題 / p50 (0036.jp2)
  18. 第四節 少年の刑事責任理念の諸問題 / p59 (0040.jp2)
  19. 第五節 刑事責任概念と少年犯罪 / p70 (0046.jp2)
  20. 第四章 少年司法制度のジレンマ / p78 (0050.jp2)
  21. 第一節 少年司法制度研究の基本的視点 / p78 (0050.jp2)
  22. 第二節 一九六九年の児童少年法の実施に伴う諸問題 / p79 (0050.jp2)
  23. 第三節 一九六九年の児童少年法に対する批判 / p102 (0062.jp2)
  24. 第四節 さらなる調査の必要性 / p114 (0068.jp2)
  25. 第五節 少年私法政策の再考―解けないジレンマ― / p122 (0072.jp2)
  26. 第六節 一九六九年の児童少年法の今後 / p127 (0074.jp2)
  27. 第五章 少年司法制度をめぐる司法モデルと福祉モデルの対立 / p139 (0080.jp2)
  28. 第一節 司法モデルと福祉モデル / p139 (0080.jp2)
  29. 第二節 一九六九年の児童少年法成立後の論争 / p141 (0081.jp2)
  30. 第三節 少年裁判所と児童少年の権利 / p145 (0083.jp2)
  31. 第四節 一九八二年刑事裁判法の成立 / p161 (0091.jp2)
  32. 第五節 司法モデルへの回帰 / p168 (0095.jp2)
  33. 第六章 少年司法制度の改革と処遇手続の概要 / p175 (0098.jp2)
  34. 第一節 社会状況と少年司法制度 / p175 (0098.jp2)
  35. 第二節 一九九○年の犯罪白書の概要 / p176 (0099.jp2)
  36. 第三節 一九九〇年の犯罪白書の目的 / p184 (0103.jp2)
  37. 第四節 自書における少年犯罪者への対応 / p185 (0103.jp2)
  38. 第五節 少年司法制度の変容 / p196 (0109.jp2)
  39. 第六節 一九九一年の刑事裁判法の成立と少年司法制度 / p199 (0110.jp2)
  40. 第七節 一九九〇年代の新しい動向 / p202 (0112.jp2)
  41. 第八節 少年司法手続の概要 / p203 (0112.jp2)
  42. 第九節 審判前の調査・処遇・保護手続 / p204 (0113.jp2)
  43. 第十節 審判と処分 / p208 (0115.jp2)
  44. 第七章 スコットランドの少年司法制度 / p227 (0124.jp2)
  45. 第一節 スコットランドの少年司法制度とチルドレンズ・ヒアリングス / p227 (0124.jp2)
  46. 第二節 スコットランドの少年司法制度の概要 / p228 (0125.jp2)
  47. 第三節 チルドレンズ・ヒアリングスの過程 / p230 (0126.jp2)
  48. 第四節 チルドレンズ・ヒアリングスへの期待と批判 / p232 (0127.jp2)
  49. 第五節 さらなる改革の必要性 / p239 (0130.jp2)
  50. 第六節 その後の展開 / p240 (0131.jp2)
  51. 第八章 北アイルランドの少年司法制度 / p250 (0136.jp2)
  52. 第一節 少年司法制度の成立過程 / p250 (0136.jp2)
  53. 第二節 一九六八年の児童少年法の成立経過 / p252 (0137.jp2)
  54. 第三節 少年司法制度の概要 / p256 (0139.jp2)
  55. 第四節 少年司法制度の当面する問題点 / p263 (0142.jp2)
  56. 第五節 司法か福祉か / p271 (0146.jp2)
  57. 第六節 その後の動向 / p273 (0147.jp2)
  58. 第二編 イギリスの少年司法制度の諸問題 / (0150.jp2)
  59. 第一章 重大な犯罪を犯した少年の処遇 / p281 (0151.jp2)
  60. 第一節 重大な犯罪を犯す少年 / p281 (0151.jp2)
  61. 節二節 問題の所在 / p282 (0152.jp2)
  62. 第三節 一九三三年の児童少年法の法的枠組 / p283 (0152.jp2)
  63. 第四節 一九三三年の児童少年法第五三条の用法 / p284 (0153.jp2)
  64. 第五節 調査の概要 / p287 (0154.jp2)
  65. 第六節 司法手続の過程 / p289 (0155.jp2)
  66. 第七節 有罪となる児童少年の収容 / p294 (0158.jp2)
  67. 第八節 今後の検討 / p298 (0160.jp2)
  68. 第二章 少年司法と児童少年の権利 / p302 (0162.jp2)
  69. 第一節 少年問題と権利 / p302 (0162.jp2)
  70. 第二節 少年犯罪とその対策 / p303 (0162.jp2)
  71. 第三節 少年司法制度における少年の権利 / p308 (0165.jp2)
  72. 第四節 少年司法における権利保護に関する学説 / p316 (0169.jp2)
  73. 第五節 論争の帰結 / p323 (0172.jp2)
  74. 第六節 今後の展望 / p324 (0173.jp2)
  75. 第三章 国連の子どもの権利条約をめぐる諸問題 / p328 (0175.jp2)
  76. 第一節 国連の子どもの権利条約のイギリスへの影響 / p328 (0175.jp2)
  77. 第二節 国連の子どもの権利条約とイギリスの子どもの権利 / p329 (0175.jp2)
  78. 第三節 子どもの養育は誰の責任か / p332 (0177.jp2)
  79. 第四節 親の本質的責任 / p332 (0177.jp2)
  80. 第五節 国家の役割 / p334 (0178.jp2)
  81. 第六節 子どもに対する親の保護責任と権利の基礎 / p335 (0178.jp2)
  82. 第七節 親の権限の制限 / p336 (0179.jp2)
  83. 第八節 子どもの保護収容をめぐる問題 / p338 (0180.jp2)
  84. 第九節 子どもの自己決定権の保護 / p340 (0181.jp2)
  85. 第十節 子どもの社会的、経済的、文化的並びの市民的、政治的権利 / p345 (0183.jp2)
  86. 第十一節 イギリスの論争の今後 / p347 (0184.jp2)
  87. 第四章 児童少年の犯罪被害者 / p351 (0186.jp2)
  88. 第一節 児童少年の犯罪被害者対策の始まり / p351 (0186.jp2)
  89. 第二節 警察と児童少年被告者 / p354 (0188.jp2)
  90. 第三節 裁判所における児童被害者と証人 / p357 (0189.jp2)
  91. 第四節 児童少年被害者に対する補償 / p364 (0193.jp2)
  92. 第五節 児童少年被害者への援助 / p366 (0194.jp2)
  93. 第六節 児童少年の犯罪被害者対策の今後 / p368 (0195.jp2)
  94. 第五章 犯罪の原因に関するケンブリッジ研究 / p374 (0198.jp2)
  95. 第一節 ケンブリッジ研究の概要 / p374 (0198.jp2)
  96. 第二節 ケンブリッジ研究結果の説明 / p380 (0201.jp2)
  97. 第三節 ケンブリッジ研究と英国犯罪学 / p384 (0203.jp2)
  98. むすびにかえて / p386 (0204.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172668
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172944
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336982
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ