炎症時のプロスタグランジン産生に関わる恒常型及び誘導型酵素の役割に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 松本, 英希 マツモト, ヒデキ

書誌事項

タイトル

炎症時のプロスタグランジン産生に関わる恒常型及び誘導型酵素の役割に関する研究

著者名

松本, 英希

著者別名

マツモト, ヒデキ

学位授与大学

北里大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第305号

学位授与年月日

1999-03-22

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. I.略語表 / p1 (0005.jp2)
  3. II.緒言 / p2 (0006.jp2)
  4. III.本論 / p7 (0011.jp2)
  5. 第一章 マウス酢酸ライジング反応モデルを用いたin vivo反応系でのPG産生酵素群の役割 / p7 (0011.jp2)
  6. 1.はじめに / p7 (0011.jp2)
  7. 2.実験方法 / p9 (0013.jp2)
  8. 3.実験結果 / p17 (0022.jp2)
  9. 4.考察 / p27 (0031.jp2)
  10. 5.図表 / p33 (0037.jp2)
  11. 第二章 ラット複腔マクロファージを用いたin vitro反応系でのPG産生酵素群の役割 / p44 (0048.jp2)
  12. 1.はじめに / p44 (0048.jp2)
  13. 2.実験方法 / p46 (0050.jp2)
  14. 3.実験結果 / p54 (0058.jp2)
  15. 4.考察 / p64 (0068.jp2)
  16. 5.図表 / p69 (0073.jp2)
  17. 第三章 リンパ系細胞株P388D₁細胞を用いたPGE₂-合成酵素活性の誘導機構の機序解析及びPGE₂-合成酸素活性を持つ化合物の検討 / p85 (0089.jp2)
  18. 1.はじめに / p85 (0089.jp2)
  19. 2.実験方法 / p86 (0090.jp2)
  20. 3.実験結果 / p92 (0096.jp2)
  21. 4.考察 / p99 (0105.jp2)
  22. 5.図表 / p102 (0108.jp2)
  23. IV.総括 / p113 (0119.jp2)
  24. V.謝辞 / p116 (0122.jp2)
  25. VI.引用文献 / p117 (0123.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172684
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172960
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000336998
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ