Increased susceptibility of BALB/c mice to infection with brugia pahangi when treated at an early stage with a single dose of carrageenan or promethazine 感染初期におけるCarrageenan又はPromethazineの一回処理によるBALB/cマウスのBrugia Pahangi感染感受性の増加について

この論文をさがす

著者

    • 潘, 悦 パン, ユエ

書誌事項

タイトル

Increased susceptibility of BALB/c mice to infection with brugia pahangi when treated at an early stage with a single dose of carrageenan or promethazine

タイトル別名

感染初期におけるCarrageenan又はPromethazineの一回処理によるBALB/cマウスのBrugia Pahangi感染感受性の増加について

著者名

潘, 悦

著者別名

パン, ユエ

学位授与大学

東京医科歯科大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

甲第1631号

学位授与年月日

1997-03-31

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172718
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000172994
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337032
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ