日本的経営財務とコーポレート・ガバナンス

この論文をさがす

著者

    • 松村, 勝弘 マツムラ, カツヒロ

書誌事項

タイトル

日本的経営財務とコーポレート・ガバナンス

著者名

松村, 勝弘

著者別名

マツムラ, カツヒロ

学位授与大学

立命館大学

取得学位

博士(経営学)

学位授与番号

乙第233号

学位授与年月日

1999-03-26

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. 第1章 日本的経営財務の特徴―濃密な企業間関係とメインバンク制・株式相互持合いによる資金融通体制― / p1 (0010.jp2)
  3. 1.問題の提起 / p1 (0010.jp2)
  4. 2.日本的経営財務の基本的特徴―池尾和人教授の所説を手がかりに― / p3 (0011.jp2)
  5. 3.メインバンク制の経営財務的意義―日本企業の財務体質の脆弱さとその克服策― / p12 (0016.jp2)
  6. 4.株式相互持合いの経営財務的意義 / p21 (0020.jp2)
  7. 第2章 高度成長期日本企業の財務行動―積極的な設備投資を支えた長期資金供給体制とリスクの分担― / p45 (0032.jp2)
  8. 1.高度成長期日本企業の借金経営体質 / p45 (0032.jp2)
  9. 2.借入金依存によるフィナンシャル・リスク増大と経営者支配下の過当競争 / p51 (0035.jp2)
  10. 3.借金経営を可能とした社会的なリスク分担体制 / p55 (0037.jp2)
  11. 第3章 長期取引関係に裏付けられた株式相互持合い―メインバンクと企業の長期安定的関係の実証分析を中心に― / p69 (0044.jp2)
  12. 1.本章の要約 / p69 (0044.jp2)
  13. 2.相互持合い批判や解消論の動向 / p70 (0045.jp2)
  14. 3.法人化現象と株式相互持合い―日本企業における株式所有の特徴― / p72 (0046.jp2)
  15. 4.メインバンク制と企業間の長期安定的開係 / p86 (0053.jp2)
  16. 第4章 相互持合い構造とエクイティ・ファイナンス―額面発行時代から時価発行時代ヘ― / p105 (0062.jp2)
  17. 1.問題の設定 / p105 (0062.jp2)
  18. 2.間接金融体制下エクイティ・ファイナンス(額面割当)の意義 / p106 (0063.jp2)
  19. 3.配当負担感と株式時価発行論議 / p116 (0068.jp2)
  20. 第5章 株式相互持合い・株式時価公募と経営者権限の強化 / p125 (0072.jp2)
  21. 1.時価ファイナンスの盛行とプレミアムの帰属問題 / p125 (0072.jp2)
  22. 2.時価発行時代の配当政策等における経営者裁量範囲の拡大 / p130 (0075.jp2)
  23. 3.公募株の割当による経営者裁量範囲の拡大 / p134 (0077.jp2)
  24. 第6章 エクイティ・ファイナンス盛行によるプレミアムの大量発生とその問題点―新旧株主の利益の不均衡の実証分析とその意義― / p143 (0081.jp2)
  25. 1.エクイティ・ファイナンスの盛行と大量のプレミアムの発生 / p143 (0081.jp2)
  26. 2.プレミアム還元ルールの実施 / p146 (0083.jp2)
  27. 3.プレミアム還元による投資家の利害 / p155 (0087.jp2)
  28. 4.新規株主と旧株主の利益の不均衡 / p166 (0093.jp2)
  29. 第7章 安定成長期の日本企業の財務構造と公募増資の実態 / p177 (0098.jp2)
  30. 1.安定成長期日本企業の減量経営と財務行動 / p177 (0098.jp2)
  31. 2.減量経営期エクイティ・ファイナンスによる経営効率化 / p181 (0100.jp2)
  32. 3.バブル期日本企業のエクイティ・ファイナンス / p193 (0106.jp2)
  33. 第8章 バブル生成・崩壊期における日本企業の投資行動の特徴とその問題点 / p201 (0110.jp2)
  34. 1.バブル生成・崩壊期の日本企業の財務行動の特徴 / p201 (0110.jp2)
  35. 2.バブル崩壊・平成不況下の日本企業の財務構造の問題点とコーポレート・ガバナンス論議 / p209 (0114.jp2)
  36. 3.バブル生成・崩壊期の松下電器産業の投資行動 / p213 (0116.jp2)
  37. 第9章 1980年代後半のエクイティ・ファイナンス盛行と経営者の責任 / p219 (0119.jp2)
  38. 1.エクイティ・ファイナンスの意義 / p219 (0119.jp2)
  39. 2.大企業におけるエクイティ・ファイナンスと財テク / p221 (0120.jp2)
  40. 3.1980年代後半における株式所有構造の変化 / p225 (0122.jp2)
  41. 4.エクイティ・ファイナンス盛行による相互持合い構造の変化―若干の事例― / p228 (0124.jp2)
  42. 5.株式の流動化傾向 / p236 (0128.jp2)
  43. 6.株式所有構造の変化と経営者の責任 / p243 (0131.jp2)
  44. 第10章 日本企業の財務行動とコーポレート・ガバナンス / p255 (0137.jp2)
  45. 1.コーポレート・ガバナンス論再考 / p255 (0137.jp2)
  46. 2.コーポレート・ファイナンスとコーポレート・ガバナンス / p256 (0138.jp2)
  47. 3.戦後日本企業の財務行動とコーポレート・ガバナンス / p259 (0139.jp2)
  48. 4.アメリカにおける近年のコーポレート・ガバナンス論の教訓 / p265 (0142.jp2)
  49. 5.証券市場の活用とコーポレート・ガバナンス / p267 (0143.jp2)
  50. 索引 / p273 (0146.jp2)
16アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172858
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173134
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337172
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ