不真性連帯債務論の再構成 不 真性 連帯 債務論 再 構成

この論文をさがす

著者

    • 平林美紀 ヒラバヤシ, ミキ

書誌事項

タイトル

不真性連帯債務論の再構成

タイトル別名

不 真性 連帯 債務論 再 構成

著者名

平林美紀

著者別名

ヒラバヤシ, ミキ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (法学)

学位授与番号

甲第4188号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 第一章 序論-本稿の目的と構成 / p1 (0006.jp2)
  2. 第二章 不真正連帯債務概念をめぐる学説の展開 / p13 (0018.jp2)
  3. 第一節 学説の潮流 / p13 (0018.jp2)
  4. 第二節 いわゆる「全部義務」概念-旧民法時代から法典編纂までのフランス法の影響 / p18 (0023.jp2)
  5. 第一款 概観 / p18 (0023.jp2)
  6. 第二款 旧民法の構造 / p20 (0025.jp2)
  7. 第三款 法典編纂 / p32 (0037.jp2)
  8. 第四款 小括 / p37 (0042.jp2)
  9. 第三節 「不真正連帯債務」概念の継受-ドイツ法の影響 / p39 (0044.jp2)
  10. 第一款 概観 / p39 (0044.jp2)
  11. 第二款 伝統的見解の形成 / p40 (0045.jp2)
  12. 第三款 不真正連帯債務否定説 / p47 (0052.jp2)
  13. 第四款 小括 / p54 (0059.jp2)
  14. 第四節 伝統的見解の修正と新たなドグマの形成-わが国における独自の発展 / p56 (0061.jp2)
  15. 第一款 概観 / p56 (0061.jp2)
  16. 第二款 通説的見解 / p58 (0063.jp2)
  17. 第三款 不真正連帯債務否定説 / p64 (0069.jp2)
  18. 第四款 小括 / p72 (0077.jp2)
  19. 第五節 求償権不在ドグマへの疑問 / p73 (0078.jp2)
  20. 第一款 求償権の積極的承認 / p73 (0078.jp2)
  21. 第二款 不真正連帯債務否定説 / p76 (0081.jp2)
  22. 第六節 多様性の提唱による不真正連帯債務概念の解体 / p78 (0083.jp2)
  23. 第七節 「債権強化機能=絶対的効力事由の一括排除」ドグマに対する懐疑 / p84 (0089.jp2)
  24. 第三章 不真正連帯債務に関する裁判例の傾向とその分析 / p88 (0093.jp2)
  25. 第一節 分析の対象 / p88 (0093.jp2)
  26. 第二節 裁判例にあらわれた不真正連帯債務関係の態様 / p91 (0096.jp2)
  27. 第一款 不真正連帯事例の具体的紛争形態 / p91 (0096.jp2)
  28. 第二款 債務の一部に関する不真正連帯 / p97 (0102.jp2)
  29. 第三款 用語法の混乱 / p99 (0104.jp2)
  30. 第三節 不真正連帯債務者間の求償 / p102 (0107.jp2)
  31. 第一款 概観 / p102 (0107.jp2)
  32. 第二款 求償権行使の可否 / p104 (0109.jp2)
  33. 第三款 負担部分の決定基準 / p106 (0111.jp2)
  34. 第四款 求償権行使の要件 / p113 (0118.jp2)
  35. 第四節 不真正連帯債務者の一人について生じた事由の効力 / p117 (0122.jp2)
  36. 第一款 概観 / p117 (0122.jp2)
  37. 第二款 請求 / p119 (0124.jp2)
  38. 第三款 更改 / p125 (0130.jp2)
  39. 第四款 相殺 / p129 (0134.jp2)
  40. 第五款 免除 / p133 (0138.jp2)
  41. 第六款 混同 / p140 (0145.jp2)
  42. 第七款 時効の完成 / p147 (0152.jp2)
  43. 第五節 小括 / p151 (0156.jp2)
  44. 第二節 ドイツ連帯債務法の構造 / p158 (0159.jp2)
  45. 第一款 考察の前提 / p158 (0159.jp2)
  46. 第二款 BGB840条の構造-一つの不法行為に関する複数責任主体は「真正連帯」債務者として損害賠償義務を負う / p161 (0162.jp2)
  47. 第三款 BGB421条以下の構造-ドイツ連帯債務法と日本連帯債務法との比較 / p170 (0171.jp2)
  48. 第三節 ドイツ不真正連帯債務論の射程とその意義 / p184 (0185.jp2)
  49. 第一款 問題の前提-BGB421条の限界 / p184 (0185.jp2)
  50. 第二款 ドイツ不真正連帯債務論の射程 / p187 (0188.jp2)
  51. 第三款 ドイツ不真正連帯債務論の潮流と日本における継受 / p203 (0204.jp2)
  52. 第四款 小括 / p215 (0216.jp2)
  53. 第五章 フランスにおける全部義務論とその示唆 / p219 (0220.jp2)
  54. 第一節 フランス法研究の目的 / p219 (0220.jp2)
  55. 第二節 全部義務論の構造-新たな不真正連帯債務概念への示唆 / p222 (0223.jp2)
  56. 第一款 「全部義務」と「不完全連帯」 / p222 (0223.jp2)
  57. 第二款 全部義務論登場の背景 / p227 (0228.jp2)
  58. 第三款 フランス連帯債務法の特色 / p235 (0236.jp2)
  59. 第四款 フランス全部義務論のわが国への示唆 / p252 (0253.jp2)
  60. 第六章 結語 / p260 (0265.jp2)
7アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172891
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173167
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337205
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ