喜多流習事伝書の研究 -「流儀」の精神史 喜多流 習事 伝書 流儀 精神史

この論文をさがす

著者

    • 米田真理 ヨネダ, マリ

書誌事項

タイトル

喜多流習事伝書の研究 -「流儀」の精神史

タイトル別名

喜多流 習事 伝書 流儀 精神史

著者名

米田真理

著者別名

ヨネダ, マリ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (文学)

学位授与番号

甲第4190号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序-「喜多流習事伝書」研究の意義 / p1 (0006.jp2)
  3. 凡例 / p10 (0015.jp2)
  4. 第一章 喜多流習事伝書の原点 / (0016.jp2)
  5. 第一節 喜多流習事伝書の原点-彦根城博物館蔵『能覚書』をめぐって- / p11 (0017.jp2)
  6. 第二節 寿硯伝書の草稿本-彦根城博物館蔵『舞の序』をめぐって- / p23 (0029.jp2)
  7. 第三節 寿硯による喜多流習事の整理-「此方ニ不用」とされる習事をめぐって- / p33 (0039.jp2)
  8. 第二章 喜多流習事伝書の展開 / (0048.jp2)
  9. 第一節 喜多流三世の足跡と喜多流習事の展開 / p42 (0049.jp2)
  10. 第二節 寿硯伝書の踏襲と再編成-関西大学蔵『喜多流能伝授事秘書』をめぐって- / p51 (0058.jp2)
  11. 第三節 習事伝書の「位相」-鴻山文庫蔵『喜多流習之覚書』をめぐって- / p62 (0069.jp2)
  12. 第四節 享保期における「習の能」の変化-「三老女」をめぐって- / p73 (0080.jp2)
  13. 第三章 喜多流習事伝書の成熟 / (0092.jp2)
  14. 第一節 喜多流習事伝書の成熟-喜多古能の著作『寿福抄』をめぐって- / p85 (0093.jp2)
  15. 第二節 喜多古能の能楽論-「事理合体の修行」をめぐって- / p97 (0105.jp2)
  16. 第三節 九世古能による「習の演出」の認定-演出史研究の先駆者として- / p106 (0114.jp2)
  17. 結び -喜多流習事伝書の研究を通して- / p117 (0125.jp2)
  18. 索引 / p121 (0129.jp2)
  19. 《表I》喜多流習事伝書 項目対照表 / p123 (0131.jp2)
  20. 《表II》喜多流現行小書と時代別の状況 / p134 (0142.jp2)
4アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172893
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173169
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337207
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ