ナシ黒斑病菌から検出されたプラスミドpAAT56の構造と遺伝子発現に関する研究 ナシ 黒斑病菌 検出 プラスミド pAAT56 構造 遺伝子 発現

この論文をさがす

著者

    • 金子功 カネコ, イサオ

書誌事項

タイトル

ナシ黒斑病菌から検出されたプラスミドpAAT56の構造と遺伝子発現に関する研究

タイトル別名

ナシ 黒斑病菌 検出 プラスミド pAAT56 構造 遺伝子 発現

著者名

金子功

著者別名

カネコ, イサオ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第4209号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 第2章 プラスミドpAAT56の構造と細胞内局在性 / p8 (0013.jp2)
  4. 材料および方法 / p8 (0013.jp2)
  5. 1.供試菌株 / p9 (0014.jp2)
  6. 2.糸状菌の全DNAの抽出 / p9 (0014.jp2)
  7. 3.A.alternataの核DNAおよびミトコンドリアDNAの抽出 / p11 (0016.jp2)
  8. 4.プラスミドpAAT56のクローニング / p13 (0018.jp2)
  9. 5.pAAT56の塩基配列の解析 / p14 (0019.jp2)
  10. 6.PCR法 / p16 (0021.jp2)
  11. 7.サザンブロット解析 / p16 (0021.jp2)
  12. 実験結果 / p17 (0022.jp2)
  13. 1.pAAT56の構造 / p17 (0022.jp2)
  14. 2.pAAT56の推定読み枠 / p17 (0022.jp2)
  15. 3.pAAT56と各種レトロエレメントとの類縁性 / p27 (0032.jp2)
  16. 4.植物病原菌におけるpAAT56に近縁なレトロエレメントの分布 / p30 (0035.jp2)
  17. 5.pAAT56の細胞内局在性 / p33 (0038.jp2)
  18. 考察 / p35 (0040.jp2)
  19. 第3章 プラスミドpAAT56の遺伝子発現 / p41 (0046.jp2)
  20. 材料および方法 / p41 (0046.jp2)
  21. 1.供試菌株 / p41 (0046.jp2)
  22. 2.A.alternataの全RNAの抽出 / p43 (0048.jp2)
  23. 3.A.alternataの全タンパク質の抽出 / p43 (0048.jp2)
  24. 4.ハイブリダイゼーションプローブの作成 / p44 (0049.jp2)
  25. 5.大腸菌発現ベクターの作製 / p46 (0051.jp2)
  26. 6.ノーザンブ口ット解析 / p46 (0051.jp2)
  27. 7.サザンブロット解析 / p46 (0051.jp2)
  28. 8.RNAのポリアデニル化 / p48 (0053.jp2)
  29. 9.3'-RACE(rapid amplification of cDNA ends) / p48 (0053.jp2)
  30. 10.プテイマー伸長法 / p49 (0054.jp2)
  31. 11.cDNAの末端解析 / p50 (0055.jp2)
  32. 12.大腸菌における融合タンパク質の発現とその精製 / p51 (0056.jp2)
  33. 13.融合タンパク質に対する抗体の作製 / p52 (0057.jp2)
  34. 14.ウェスタンブロット解析 / p53 (0058.jp2)
  35. 15.in vitro翻訳産物の免疫沈降 / p53 (0058.jp2)
  36. 実験結果 / p54 (0059.jp2)
  37. 1.pAAT56からの転写RNAの構造 / p54 (0059.jp2)
  38. 2.pAAT56の転写領域 / p56 (0061.jp2)
  39. 3.pAAT56のORF産物の検出 / p66 (0071.jp2)
  40. 4.pAAT56の転写RNAからのin vitro翻訳産物の解析 / p71 (0076.jp2)
  41. 考察 / p71 (0076.jp2)
  42. 第4章 ナシ黒斑病菌のレトロトランスポゾンREALの単離 / p80 (0085.jp2)
  43. 材料および方法 / p81 (0086.jp2)
  44. 1.供試菌株 / p81 (0086.jp2)
  45. 2.染色体DNAライブラリーのスクリーニング / p81 (0086.jp2)
  46. 3.λファージクローンからのDNA抽出 / p85 (0090.jp2)
  47. 4.塩基配列の解析 / p86 (0091.jp2)
  48. 5.サザンブロット解析 / p86 (0091.jp2)
  49. 6.ノーザンプロット解析 / p88 (0093.jp2)
  50. 実験結果 / p88 (0093.jp2)
  51. 1.レトロトランスポゾンREALの構造 / p88 (0093.jp2)
  52. 2.REALのGagおよびPolタンパク質の構造 / p94 (0099.jp2)
  53. 3.REALとプラスミドpAAT56との類縁関係 / p96 (0101.jp2)
  54. 4.REALの転写活性 / p105 (0110.jp2)
  55. 5.REALの転移活性 / p109 (0114.jp2)
  56. 6.A.alternataにおけるREALの分布 / p109 (0114.jp2)
  57. 考察 / p111 (0116.jp2)
  58. 第5章 総合考察 / p117 (0122.jp2)
  59. 引用文献 / p124 (0129.jp2)
  60. 要約 / p132 (0137.jp2)
  61. Cloning of the blasticidin S deaminase gene(BSD)from Aspergillus terreus and its use as a selectable marker for Schizosacchawmyces pombe and Pyricularia oryzae / p121 (0165.jp2)
  62. Chapter11 Molecular Aspects of Pathogenic Specialization in Alternaria alternata Pathogens / p129 (0171.jp2)
  63. Circular DNA Plasmid in the Phytopathogenic Fungus Alternaria alternata:Its Temperature-Dependent Curing and Association with Pathogenicity / p111 (0177.jp2)
  64. Trichothecene 3-O-Acetyltransferase Protects Both the Producing Organism and Transformed Yeast from Related Mycotoxins / p1654 (0183.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172912
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173188
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337226
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ