【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

スギカミキリ大発生個体群の特性及びスギ樹体内における生存過程に関する研究 スギカミキリ 大 発生 個体群 特性 スギ 樹体内 生存 過程

この論文をさがす

著者

    • 伊藤賢介 イトウ, ケンスケ

書誌事項

タイトル

スギカミキリ大発生個体群の特性及びスギ樹体内における生存過程に関する研究

タイトル別名

スギカミキリ 大 発生 個体群 特性 スギ 樹体内 生存 過程

著者名

伊藤賢介

著者別名

イトウ, ケンスケ

学位授与大学

名古屋大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第4216号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1-1.スギカミキリの被害と生活史 / p1 (0005.jp2)
  4. 1-2.スギカミキリ研究の歴史と現状 / p3 (0007.jp2)
  5. 1-3.本研究の目的と意義 / p5 (0009.jp2)
  6. 第2章 スギ若齢林におけるスギカミキリの大発生の経過 / p8 (0012.jp2)
  7. 2-1.緒言 / p8 (0012.jp2)
  8. 2-2.調査地と方法 / p9 (0013.jp2)
  9. 2-3.結果 / p12 (0016.jp2)
  10. 2-4.考察 / p19 (0023.jp2)
  11. 第3章 スギカミキリ成虫個体群の動態 / p28 (0032.jp2)
  12. 3-1.緒言 / p28 (0032.jp2)
  13. 3-2.調査地と方法 / p28 (0032.jp2)
  14. 3-3.結果と考察 / p30 (0034.jp2)
  15. 第4章 スギカミキリの樹体内生存過程に関与する要因 / p39 (0043.jp2)
  16. 4-1.緒言 / p39 (0043.jp2)
  17. 4-2.材料と方法 / p41 (0045.jp2)
  18. 4-3.結果 / p47 (0051.jp2)
  19. 4-4.考察 / p53 (0057.jp2)
  20. 第5章 総合考察 / p62 (0066.jp2)
  21. 5-1.スギカミキリの個体数変動パターンに関与する要因 / p62 (0066.jp2)
  22. 5-2.防除に関する提案 / p64 (0068.jp2)
  23. 謝辞 / p66 (0070.jp2)
  24. 引用文献 / p67 (0071.jp2)
  25. 摘要 / p82 (0086.jp2)
  26. 図 / p87 (0091.jp2)
  27. 写真 / p143 (0147.jp2)
  28. 表 / p169 (0173.jp2)
  29. スギ人工林におけるスギカミキリの生息数と林齢との関係 / p9 (0232.jp2)
  30. Mating Behavior of the Cryptomeria Bark Borer,Semanotus japonicus LACORDAIRE(Coleoptera: Cerambycidae) / p19 (0235.jp2)
  31. 穿孔性害虫に対する針葉樹の抵抗性 / p11 (0242.jp2)
  32. スギカミキリ雌成虫の体サイズが次世代に及ぼす影響 / p261 (0245.jp2)
  33. Life Histories of the Parasitoid Wasps and Their Percent Parasitisms on Inoculated Larvae of the Cryptomeria Bark Borer,Semanotus japonicus LACORDAIRE(Coleoptera:Cerambycidae) / p409 (0247.jp2)
  34. 直径の異なるスギ生立木におけるスギカミキリ幼虫の生存率の比較﹡¹ / p185 (0251.jp2)
  35. 幼若ホルモン様活性物質ピリプロキシフェンによるスギカミキリ防除効果の検討 / p57 (0254.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000172919
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173195
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337233
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ