【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

非共有結合性相互作用に基づくアミノ酸・核酸塩基誘導体金属錯体の分子認識能と構造制御 ヒキョウユウ ケツゴウセイ サヨウ ニ モトヅク アミノサン カクサン エンキ ユウドウタイ キンゾク サクタイ ノ ブンシ ニンシキノウ ト コウゾウ セイギョ

この論文をさがす

著者

    • 水谷, 守 ミズタニ, マモル

書誌事項

タイトル

非共有結合性相互作用に基づくアミノ酸・核酸塩基誘導体金属錯体の分子認識能と構造制御

タイトル別名

ヒキョウユウ ケツゴウセイ サヨウ ニ モトヅク アミノサン カクサン エンキ ユウドウタイ キンゾク サクタイ ノ ブンシ ニンシキノウ ト コウゾウ セイギョ

著者名

水谷, 守

著者別名

ミズタニ, マモル

学位授与大学

名古屋工業大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第252号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

主査:増田 秀樹

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 参考文献 / p6 (0009.jp2)
  4. 第2章 L-ο/m/p-Methylphenylalanineを用いたCu(Ⅱ)三元錯体における配位子間CH-π相互作用 / p9 (0010.jp2)
  5. 2.1 はじめに / p9 (0010.jp2)
  6. 2.2 実験 / p11 (0011.jp2)
  7. 2.3 結果 / p17 (0014.jp2)
  8. 2.4 考察 / p21 (0016.jp2)
  9. 2.5 結論 / p24 (0018.jp2)
  10. 参考文献 / p25 (0018.jp2)
  11. 第3章 Cu(Ⅱ)-L-/D-グルタミン酸錯体における分子間水素結合とらせん構造 / p39 (0025.jp2)
  12. 3.1 はじめに / p39 (0025.jp2)
  13. 3.2 実験 / p40 (0026.jp2)
  14. 3.3 結果および考察 / p42 (0027.jp2)
  15. 3.4 結論 / p45 (0028.jp2)
  16. 参考文献 / p46 (0029.jp2)
  17. 第4章 核酸塩基アミノ酸配位子を用いた分子内・分子間相互作用 / p59 (0035.jp2)
  18. 4.1 はじめに / p59 (0035.jp2)
  19. 4.2 実験 / p61 (0036.jp2)
  20. 4.3 結果 / p72 (0042.jp2)
  21. 4.4 考察 / p77 (0044.jp2)
  22. 4.5 結論 / p81 (0046.jp2)
  23. 参考文献 / p82 (0047.jp2)
  24. 第5章 核酸塩基アミノ酸配位子ACEUを用いたCu(Ⅱ)、Pd(Ⅱ)複核錯体における金属修飾塩基対の形成およびNa+の補捉 / p107 (0059.jp2)
  25. 5.1 はじめに / p107 (0059.jp2)
  26. 5.2 実験 / p109 (0060.jp2)
  27. 5.3 結果および考察 / p111 (0061.jp2)
  28. 5.4 結論 / p113 (0062.jp2)
  29. 参考文献 / p114 (0063.jp2)
  30. 第6章 テトラキス(イミダト)Pd(Ⅱ)錯体におけるアルカリ金属イオンの捕捉 / p121 (0066.jp2)
  31. 6.1 はじめに / p121 (0066.jp2)
  32. 6.2 実験 / p123 (0067.jp2)
  33. 6.3 結果 / p127 (0069.jp2)
  34. 6.4 考察 / p133 (0072.jp2)
  35. 6.5 結論 / p138 (0075.jp2)
  36. 参考文献 / p139 (0075.jp2)
  37. 第7章 テトラキス(2-ピリドナト)Pd(Ⅱ)錯体における2価金属イオンの捕捉 / p165 (0088.jp2)
  38. 7.1 はじめに / p165 (0088.jp2)
  39. 7.2 実験 / p166 (0089.jp2)
  40. 7.3 結果 / p172 (0092.jp2)
  41. 7.4 考察 / p176 (0094.jp2)
  42. 7.5 結論 / p179 (0095.jp2)
  43. 参考文献 / p180 (0096.jp2)
  44. 第8章 総括 / p195 (0103.jp2)
  45. 参考文献 / p197 (0104.jp2)
  46. 筆者発表の論文 / p198 (0105.jp2)
  47. 謝辞 / p201 (0106.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173150
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173426
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337464
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ