【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

キラル有機硫黄配位子を立体制御因子とする触媒的不斉合成

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 善夫 スズキ, ヨシオ

書誌事項

タイトル

キラル有機硫黄配位子を立体制御因子とする触媒的不斉合成

著者名

鈴木, 善夫

著者別名

スズキ, ヨシオ

学位授与大学

東北薬科大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第75号

学位授与年月日

1999-03-12

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 理論の部 / p1 (0007.jp2)
  3. 緒論 / p1 (0007.jp2)
  4. 第一章 キラルα-Sulfinylacetamideおよびキラルβ-Aminoethyl Sulfoxide配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アリル化反応 / p8 (0011.jp2)
  5. 第一節 キラルα-Sulfinylacetamide類の合成とそれをキラル配位子としたtert-Butyl 2-Methylacetoacetateのパラジウム触媒による不斉アリル化反応 / p9 (0011.jp2)
  6. 第二節 キラルβ-Aminoethyl Sulfoxide類の合成とそれをキラル配位子としたtert-Butyl 2-Methylacetoacetateのパラジウム触媒による不斉アリル化反応 / p10 (0012.jp2)
  7. 第三節 キラルβ-Aminoethyl Sulfoxideおよび(S)-2-(N,N-Dimethylamino)phenyl Sulfoxide 配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アリル化反応の不斉誘起機構 / p15 (0014.jp2)
  8. 小括 / p17 (0015.jp2)
  9. 第二章 ο-Aminophenyl Sulfoxide,2-(N-Methylsulfonamido)phenyl Sulfoxideおよび2-(N,N-Dialkylaminomethyl)phenyl Sulfoxide類をキラル配位子としたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p18 (0016.jp2)
  10. 第一節(S)-2-Pyrrolidino-,或るいはPiperidinophenyl p-Tolyl Sulfoxideの合成とそれを用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p18 (0016.jp2)
  11. 第二節 2-(N-Methyl-N-sulfonamido)phenyl Sulfoxide誘導体の合成とそれをキラル配位子として用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p20 (0017.jp2)
  12. 第三節 2-(N-Methyl-N-sulfonamido)phenyl Sulfoxide誘導体配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応の不斉誘起機構 / p22 (0018.jp2)
  13. 第四節(S)-2-(N,N-Dialkylaminomethyl)phenyl p-Tolyl Sulfoxide誘導体配位子の合成とそれを用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p24 (0019.jp2)
  14. 第五節(S)-2-(N,N-Dialkylaminomethyl)phenyl p-Tolyl Sulfoxide誘導体配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応の不斉誘起機構 / p27 (0020.jp2)
  15. 小括 / p28 (0021.jp2)
  16. 第三章 キラル2-(Phosphinoamino)phenyl Sulfoxide配位子の合成開発とそれを用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p29 (0021.jp2)
  17. 第一節 Phosphinoamino基を有するキラルスルホキシド配位子の合成とそれを用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p29 (0021.jp2)
  18. 第二節 Phosphinoamino基を有するキラルスルホキシド配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応の不斉誘起機構 / p32 (0023.jp2)
  19. 小括 / p34 (0024.jp2)
  20. 第四章 トリフェニルホスフィン系キラルスルホキシド配位子の合成開発とそれを用いた不斉求核置換反応 / p35 (0024.jp2)
  21. 第一節(S)-2-(Diphenylphosphino)phenyl Sulfoxideおよびその誘導体と(S)-3-Alkoxy-2-(diphenylphosphino)phenyl Sulfoxide誘導体の合成 / p35 (0024.jp2)
  22. 第二節(S)-2-(Diphenylphosphino)phenyl 2-Methoxy-1-naphthyl Sulfoxideから2-(2-Methoxy-1-naphthylthio)phenyl Diphenylphosphine Oxideへの熱転位による経時変化 / p39 (0026.jp2)
  23. 第三節(S)-2-(Diphenylphosphino)phenyl Sulfoxideおよび(S)-2-(Diphenylphosphino)-3-alkoxyphenyl Sulfoxide類をキラル配位子として用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p40 (0027.jp2)
  24. 第四節(S)-2-(Diphenylphosphino)phenyl Sulfoxide配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アミノ化反応 / p44 (0029.jp2)
  25. 第五節(S)-2-(Diphenylphosphino)phenyl 2-Methoxy-1-naphthyl Sulfoxide-パラジウム錯体を用いたキラルスルフィニル基とパラジウム触媒による配位様式の決定 / p47 (0030.jp2)
  26. 第六節(S)-2-(Diphenylphosphino)phenyl Sulfoxide誘導体配位子を用いたパラジウム触媒による不斉求核置換反応の不斉誘起機構 / p48 (0031.jp2)
  27. 小括 / p49 (0031.jp2)
  28. 第五章 種々のヘテロ原子を有する(S)-Proline誘導体配位子の合成開発とそれを用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p51 (0032.jp2)
  29. 第一節(S)-N-Benzyl-2-(benzyloxymethyl)pyrrolidineおよび(S)-N-Benzyloxy-2-(diphenyl-phosphinomethyl)pyrrolidine配位子の合成開発 / p51 (0032.jp2)
  30. 第二節(S)-N-Benzyl-2-(benzyloxymethyl)pyrrolidine誘導体配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p54 (0034.jp2)
  31. 第三節(S)-N-[2(Diphenylphosphino)benzyl]-2-(benzloxymethyl)pyrrolidineを用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応の不斉誘起機構 / p55 (0034.jp2)
  32. 第四節 硫黄或るいはセレン原子を有する(S)-N-Benzyl-2-(diphenylphosphinomethyl)-pyrrolidine配位子を用いた不斉アルキル化反応 / p56 (0035.jp2)
  33. 第五節(S)-N-[2(Phenylthio)benzyl]-2-(diphenylphosphinomethyl)pyrrolidine配位子を用いた不斉アルキル化反応の不斉誘起機構 / p57 (0035.jp2)
  34. 第六節(S)-N-[2-(Alkylthio)benzoyl]-2-(diphenylphosphinomethyl)pyrrolidine配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アリキル化反応およびその不斉誘起機構 / p59 (0036.jp2)
  35. 小括 / p61 (0037.jp2)
  36. 第六章 キラルβ-Hydroxy Sulfoxideおよびο-Alkoxyphenyl p-Tolyl Sulfoxide配位子の合成開発とそれを用いた不斉1,4-共役付加反応 / p62 (0038.jp2)
  37. 第一節 キラルβ-Hydroxy Sulfoxide配位子の合成とそれを用いたニッケル触媒による不斉1,4-共役付加反応 / p62 (0038.jp2)
  38. 第二節 キラルβ-Hydroxy Sulfoxide配位子を用いたニッケル触媒による不斉1,4-共役付加反応の不斉誘起機構 / p65 (0039.jp2)
  39. 第三節 キラルο-Alkoxyphenyl p-Tolyl Sulfoxide配位子の合成開発とそれを用いた有機銅試薬による不斉1,4-共役付加反応 / p66 (0040.jp2)
  40. 第四節 キラルο-Alkoxyphenyl p-Tolyl Sulfoxide配位子から導かれたMeLi-Cu錯体を用いた不斉1,4-共役付加反応の不斉誘起機構 / p70 (0042.jp2)
  41. 小括 / p71 (0042.jp2)
  42. 第七章 光学活性テルペン類を不斉源としたキラルIminophosphine配位子の合成開発とそれを用いた不斉アルキル化反応 / p72 (0043.jp2)
  43. 第一節 キラルIminophosphineおよびSulfimine配位子の合成とそれを用いたパラジウム触媒を用いた不斉アルキル化反応 / p72 (0043.jp2)
  44. 第二節 光学活性テルペン類を不斉源としたキラルIminophosphine配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応の不斉誘起機構 / p77 (0045.jp2)
  45. 小括 / p78 (0046.jp2)
  46. 結論 / p80 (0047.jp2)
  47. 実験の部 / p84 (0049.jp2)
  48. 第一章 キラルα-Sulfinylacetamideおよびキラルβ-Aminoethyl Sulfoxide配位子を用いたパラジウム触媒による不斉アリル化反応 / p84 (0049.jp2)
  49. 第一章に関する実験 / p84 (0049.jp2)
  50. 第二章 ο-Aminophenyl Sulfoxide、2-(N-Methylsulfonamido)phenyl Sulfoxideおよび2-(N,N-Dialkylaminomethyl)phenyl Sulfoxide類をキラル配位子としたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p91 (0052.jp2)
  51. 第二章に関する実験 / p91 (0052.jp2)
  52. 第三章 キラル2-(phosphinoamino)phenyl sulfoxide配位子の合成開発とそれを用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p105 (0059.jp2)
  53. 第三章に関する実験 / p105 (0059.jp2)
  54. 第四章 トリフェニルホスフィン系キラルスルホキシド配位子の合成開発とそれを用いた不斉求核置換反応 / p107 (0060.jp2)
  55. 第四章に関する実験 / p107 (0060.jp2)
  56. 第五章 種々のヘテロ原子を有する(S)-Proline誘導体配位子の合成開発とそれを用いたパラジウム触媒による不斉アルキル化反応 / p113 (0063.jp2)
  57. 第五章に関する実験 / p113 (0063.jp2)
  58. 第六章 キラルβ-Hydroxy Sulfocideおよびο-Alkoxyphenyl p-Tolyl Sulfoxide配位子の合成開発とそれを用いた不斉1,4-共役付加反応 / p121 (0067.jp2)
  59. 第六章に関する実験 / p121 (0067.jp2)
  60. 第七章 光学活性テルペン類を不斉源としたキラルIminophosphine配位子の合成開発とそれを用いた不斉アルキル化反応 / p125 (0069.jp2)
  61. 第七章に関する実験 / p125 (0069.jp2)
  62. 謝辞 / p129 (0071.jp2)
  63. 引用文献 / p130 (0072.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173202
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173478
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337516
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ