【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Gタンパク質に結合したマストパラン-XのNMRによる立体構造解析

この論文をさがす

著者

    • 楠, 英樹 クスノキ, ヒデキ

書誌事項

タイトル

Gタンパク質に結合したマストパラン-XのNMRによる立体構造解析

著者名

楠, 英樹

著者別名

クスノキ, ヒデキ

学位授与大学

群馬大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

工博甲第122号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 論文要旨 / (0004.jp2)
  3. 略語 / p1 (0009.jp2)
  4. 第1章 序論 / p3 (0011.jp2)
  5. 1・1 Gタンパク質を介した情報伝達系 / p3 (0011.jp2)
  6. 1・2 レセプターとGタンパク質の特異的相互作用 / p5 (0013.jp2)
  7. 1・3 マストパラン類 / p7 (0015.jp2)
  8. 1・4 Gタンパク質に結合したマストパラン-XのNMRによる解析 / p11 (0019.jp2)
  9. 1・5 TRNOE法の原理 / p12 (0020.jp2)
  10. 1・6 安定同位体標識サンプルを用いた異種核・多次元NMR / p14 (0022.jp2)
  11. 1・7 安定同位体標識したペプチドの調製 / p17 (0025.jp2)
  12. 1・8 本研究の目的と意義 / p18 (0026.jp2)
  13. 第2章 安定同位体標識したマストパラン-Xの調製 / p19 (0027.jp2)
  14. 2・1 導入 / p19 (0027.jp2)
  15. 2・2 実験方法 / p22 (0030.jp2)
  16. 2・3 結果 / p28 (0036.jp2)
  17. 2・4 考察 / p36 (0044.jp2)
  18. 第3章 Gタンパク質に結合したマストパラン-Xの立体構造解祈 / p42 (0050.jp2)
  19. 3・1 導入 / p42 (0050.jp2)
  20. 3・2 実験方法 / p44 (0052.jp2)
  21. 3・3 結果 / p48 (0056.jp2)
  22. 3・4 考察 / p63 (0071.jp2)
  23. 結論 / p69 (0077.jp2)
  24. 参考文献 / p71 (0079.jp2)
  25. 謝辞 / p76 (0084.jp2)
  26. 関連論文と参考論文 / p77 (0085.jp2)
  27. 研究発表 / p78 (0086.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173537
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173813
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000337851
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ