【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

細いフィラメント再構成手法を用いた筋収縮機構の研究 hosoi firamento saikosei shuho o mochiita kinshushuku kiko no kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 藤田, 英明 フジタ, ヒデアキ

書誌事項

タイトル

細いフィラメント再構成手法を用いた筋収縮機構の研究

タイトル別名

hosoi firamento saikosei shuho o mochiita kinshushuku kiko no kenkyu

著者名

藤田, 英明

著者別名

フジタ, ヒデアキ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(理学)

学位授与番号

甲第1360号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1360号 ; 学位の種類:博士(理学) ; 授与年月日:1999-03-15 ; 早大学位記番号:新2798 ; 理工学図書館請求番号:2353

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p6 (0008.jp2)
  3. Introduction / p6 (0008.jp2)
  4. 1-1)はじめに / p6 (0008.jp2)
  5. 1-2)研究の背景 / p6 (0008.jp2)
  6. 1-3)本論文の概要 / p8 (0010.jp2)
  7. 第2章 実験系の概要 / p13 (0015.jp2)
  8. Materials and Methods / p13 (0015.jp2)
  9. 2-1)横紋筋の階層構造 / p13 (0015.jp2)
  10. 2-2)筋収縮 / p16 (0018.jp2)
  11. 2-3)自励振動現象 / p18 (0020.jp2)
  12. 2-4)実験方法 / p19 (0021.jp2)
  13. 2-5)略語の解説 / p23 (0025.jp2)
  14. 第2章 図 / p24 (0026.jp2)
  15. 第3章 心筋収縮系における細いフィラメントの選択的解体と再構築 / p30 (0032.jp2)
  16. Structural and Functional Reconstitution of Thin Filaments in the Contractile Apparatus of Cardiac Muscle / p30 (0032.jp2)
  17. 3-1)序文 / p30 (0032.jp2)
  18. 3-2)研究の背景 / p31 (0033.jp2)
  19. 3-3)材料と方法 / p32 (0034.jp2)
  20. 3-4)実験結果 / p36 (0038.jp2)
  21. 3-5)考察 / p39 (0041.jp2)
  22. 第3章 図 / p45 (0047.jp2)
  23. 第4章 アクチンフィラメント再構成筋における制御系なしでの自励振動(SPOC)現象 / p58 (0060.jp2)
  24. Spontaneous Oscillatory Contraction(SPOC)without Regulatory Proteins in Actin Filament-Reconstituted Fibers / p58 (0060.jp2)
  25. 4-1)序文 / p58 (0060.jp2)
  26. 4-2)研究の背景 / p59 (0061.jp2)
  27. 4-3)材料と方法 / p60 (0062.jp2)
  28. 4-4)実験結果 / p63 (0065.jp2)
  29. 4-5)考察 / p65 (0067.jp2)
  30. 4-6)結論 / p68 (0070.jp2)
  31. 第4章 図 / p70 (0072.jp2)
  32. 第5章 pH低下に伴う等尺張力減少のトロポミオシンによる調節:細いフィラメント再構成筋を用いた研究 / p78 (0080.jp2)
  33. Tropomyosin Modulates the pH Dependence of Active Tension: Investigation Using Thin Filament-Reconstituted Fibers / p78 (0080.jp2)
  34. 5-1)序文 / p78 (0080.jp2)
  35. 5-2)研究の背景 / p79 (0081.jp2)
  36. 5-3)材料と方法 / p80 (0082.jp2)
  37. 5-4)実験結果 / p83 (0085.jp2)
  38. 5-5)考察 / p85 (0087.jp2)
  39. 第5章 図 / p91 (0093.jp2)
  40. 第6章 まとめ / p97 (0099.jp2)
  41. Conclusion / p97 (0099.jp2)
  42. 6-1)本論文のまとめ / p97 (0099.jp2)
  43. 6-2)将来の展望 / p98 (0100.jp2)
  44. 第6章 図 / p100 (0102.jp2)
  45. 参考文献 / p101 (0103.jp2)
  46. 研究業績 / p113 (0115.jp2)
  47. 謝辞 / p116 (0118.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173639
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173915
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337953
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ