【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

酸化チタンを含む溶融スラグの熱力学的および速度論的研究 sanka chitan o fukumu yoyu suragu no netsu rikigakuteki oyobi sokudoronteki kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 松崎, 健嗣 マツザキ, ケンジ

書誌事項

タイトル

酸化チタンを含む溶融スラグの熱力学的および速度論的研究

タイトル別名

sanka chitan o fukumu yoyu suragu no netsu rikigakuteki oyobi sokudoronteki kenkyu

著者名

松崎, 健嗣

著者別名

マツザキ, ケンジ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第1361号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:甲1361号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1999-03-15 ; 早大学位記番号:新2799 ; 理工学図書館請求番号:2338

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1-1.緒言 / p1 (0004.jp2)
  4. 1-2.従来の研究 / p3 (0005.jp2)
  5. 1-3.本研究の目的および内容 / p22 (0015.jp2)
  6. 参考文献 / p23 (0015.jp2)
  7. 第2章 [化学式]3成分系スラグの酸化鉄の活量測定 / p26 (0017.jp2)
  8. 2-1.緒言 / p26 (0017.jp2)
  9. 2-2.実験方法 / p27 (0017.jp2)
  10. 2-3.実験結果および考察 / p32 (0020.jp2)
  11. 2-4.小括 / p46 (0027.jp2)
  12. 参考文献 / p46 (0027.jp2)
  13. 第3章 [化学式]4成分系スラグ中酸化鉄の活量測定 / p48 (0028.jp2)
  14. 3-1.緒言 / p48 (0028.jp2)
  15. 3-2.実験方法 / p48 (0028.jp2)
  16. 3-3.実験結果および考察 / p49 (0028.jp2)
  17. 3-4.小括 / p71 (0039.jp2)
  18. 参考文献 / p72 (0040.jp2)
  19. 第4章 [化学式]系スラグのCOガスによる還元反応速度の測定 / p73 (0040.jp2)
  20. 4-1.緒言 / p73 (0040.jp2)
  21. 4-2.実験方法 / p74 (0041.jp2)
  22. 4-3.実験結果および考察 / p77 (0042.jp2)
  23. 4-4.小括 / p96 (0052.jp2)
  24. 記号 / p97 (0052.jp2)
  25. 参考文献 / p98 (0053.jp2)
  26. 第5章 含チタンスラグの関与する製錬反応の解析 / p100 (0054.jp2)
  27. 5-1.緒言 / p100 (0054.jp2)
  28. 5-2.古代製鉄法の解析 / p101 (0054.jp2)
  29. 5-3.溶融還元法の解析 / p116 (0062.jp2)
  30. 5-4.小括 / p122 (0065.jp2)
  31. 記号 / p123 (0065.jp2)
  32. 参考文献 / p123 (0065.jp2)
  33. 第6章 総括 / p125 (0066.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173640
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173916
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337954
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ