【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

睡虎地秦簡よりみた秦代の国家と社会 suikochi shinkan yori mita shindai no kokka to shakai sobunsha

この論文をさがす

著者

    • 工藤, 元男 クドウ, モトオ

書誌事項

タイトル

睡虎地秦簡よりみた秦代の国家と社会

タイトル別名

suikochi shinkan yori mita shindai no kokka to shakai

タイトル別名

sobunsha

著者名

工藤, 元男

著者別名

クドウ, モトオ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

乙第1406号

学位授与年月日

1998-11-10

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1406号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1998/11/10 ; 早大学位記番号:新2706 概要書あり

目次

  1. 目次 / p3 (0004.jp2)
  2. 凡例 / p1 (0003.jp2)
  3. 序章 睡虎地秦簡と中国古代社会史研究 / p3 (0009.jp2)
  4. 第一章 内史の再編と内史・治粟内史の成立 / p21 (0018.jp2)
  5. はじめに / p21 (0018.jp2)
  6. 第一節 睡虎地秦簡にみえる内史の問題点 / p22 (0019.jp2)
  7. 1 内史と穀倉 / p22 (0019.jp2)
  8. 2 内史と公器 / p24 (0020.jp2)
  9. 第二節 睡虎地秦簡にみえる内史の構成 / p27 (0021.jp2)
  10. 1 内史と大倉・県・都官 / p27 (0021.jp2)
  11. 2 内史と大内・県・都官 / p32 (0024.jp2)
  12. 第三節 内史の変遷と再編 / p36 (0026.jp2)
  13. 1 内史と治粟内史 / p36 (0026.jp2)
  14. 2 戦国末期の内史の再編 / p42 (0029.jp2)
  15. むすび / p48 (0032.jp2)
  16. 第二章 秦の都官と封建制 / p57 (0036.jp2)
  17. はじめに / p57 (0036.jp2)
  18. 第一節 先学の解釈とその問題点 / p58 (0037.jp2)
  19. 第二節 秦簡にみえる都官の構造 / p63 (0039.jp2)
  20. 第三節 都営設置の歴史的背景 / p72 (0044.jp2)
  21. むすび / p79 (0047.jp2)
  22. 第三章 秦の領土拡大と国際秩序の形成 / p85 (0050.jp2)
  23. はじめに / p85 (0050.jp2)
  24. 第一節 秦の属邦と道制 / p86 (0051.jp2)
  25. 第二節 前漢における属国と道 / p90 (0053.jp2)
  26. 第三節 後漢における属国と道 / p96 (0056.jp2)
  27. 第四節 秦簡における属邦と臣邦真戎君長 / p100 (0058.jp2)
  28. むすび / p111 (0063.jp2)
  29. 第四章 睡虎地秦簡「日書」の基礎的検討 / p119 (0067.jp2)
  30. はじめに / p119 (0067.jp2)
  31. 第一節 「日書」の形態とその内容 / p120 (0068.jp2)
  32. 1 册書としての「日書」 / p120 (0068.jp2)
  33. 2 「日書」甲乙篇のあいだの異同 / p122 (0069.jp2)
  34. 第二節 「日書」の占法原理と問題点 / p125 (0070.jp2)
  35. 1 五行説と三合 / p126 (0071.jp2)
  36. 2 『易』との関係 / p129 (0072.jp2)
  37. 3 建除(十二直) / p131 (0073.jp2)
  38. 4 二十八宿占い / p133 (0074.jp2)
  39. 第三節 日者と「日書」の関係 / p141 (0078.jp2)
  40. 第四節 その他の「日書」について / p150 (0083.jp2)
  41. 1 定県漢簡「日書」 / p150 (0083.jp2)
  42. 2 阜陽漢簡 「日書」 / p150 (0083.jp2)
  43. 3 江陵九店東周墓竹筒「日書」 / p151 (0083.jp2)
  44. 4 江陵張家山漢簡「日書」 / p152 (0084.jp2)
  45. 5 放馬灘秦簡「日書」 / p154 (0085.jp2)
  46. 6 江陵王家台十五号秦簡「日書」 / p155 (0085.jp2)
  47. 7 その他 / p157 (0086.jp2)
  48. むすび / p158 (0087.jp2)
  49. 第五章 「日書」を通してみた国家と社会 / p165 (0090.jp2)
  50. はじめに / p165 (0090.jp2)
  51. 第一節 語彙分析よりみた甲種と乙種の用字傾向 / p166 (0091.jp2)
  52. 1 「也」字と「殴」字 / p166 (0091.jp2)
  53. 2 「罪」字と「辠」字 / p167 (0091.jp2)
  54. 3 「凶」字と「兇」字 / p169 (0092.jp2)
  55. 4 「喜」字と「憲」字 / p169 (0092.jp2)
  56. 5 「日書」の用字傾向とその意味するもの / p170 (0093.jp2)
  57. 第二節 「日書」の占辞における地域性をめぐる問題点 / p171 (0093.jp2)
  58. 第三節 「日書」の語彙分析よりみた国家の諸相 / p179 (0097.jp2)
  59. 1 地方行政制度の諸相 / p179 (0097.jp2)
  60. 2 君主の諸相 / p183 (0099.jp2)
  61. 第四節 「日書」の語彙分析よりみた官制の諸相 / p188 (0102.jp2)
  62. 1 官と史 / p188 (0102.jp2)
  63. 2 入官・臨官の吉凶 / p189 (0102.jp2)
  64. 3 嗇夫への関心 / p194 (0105.jp2)
  65. 4 生子と吏 / p196 (0106.jp2)
  66. 5 吏の側からみた「為吏之道」 / p197 (0106.jp2)
  67. むすび / p199 (0107.jp2)
  68. 第六章 先秦社会の行神信仰と禹 / p205 (0110.jp2)
  69. はじめに / p205 (0110.jp2)
  70. 第一節 漢代の行神と祖道 / p206 (0111.jp2)
  71. 1 行神の名称 / p206 (0111.jp2)
  72. 2 祖道の場所 / p207 (0111.jp2)
  73. 3 祖道の予祝儀礼と軷壇 / p209 (0112.jp2)
  74. 第二節 「日書」における行神と祖道 / p212 (0114.jp2)
  75. 1 行祠と軷壇 / p212 (0114.jp2)
  76. 2 行旅の名称 / p216 (0116.jp2)
  77. 3 祖道と禁忌 / p218 (0117.jp2)
  78. 4 禹歩 / p222 (0119.jp2)
  79. 第三節 出行における吉凶の時日とその構造 / p225 (0120.jp2)
  80. 1 出行日と納音 / p225 (0120.jp2)
  81. 2 出行日と時刻の関係 / p234 (0125.jp2)
  82. 3 時刻と喜数の関係 / p235 (0125.jp2)
  83. 4 十二時制と十六時制 / p237 (0126.jp2)
  84. 第四節 帰家の古凶と通過儀礼 / p240 (0128.jp2)
  85. 1 帰家の古凶 / p240 (0128.jp2)
  86. 2 帰家の通過儀礼 / p242 (0129.jp2)
  87. むすび / p245 (0130.jp2)
  88. 第七章 「日書」における道教的習俗 / p253 (0134.jp2)
  89. はじめに / p253 (0134.jp2)
  90. 第一節 中国古代の行旅 / p254 (0135.jp2)
  91. 第二節 放馬灘秦簡「日書」にみえる「律書」と納音 / p257 (0136.jp2)
  92. 第三節 禁呪の形式 / p261 (0138.jp2)
  93. 第四節 禹歩と四縦五横 / p264 (0140.jp2)
  94. むすび / p271 (0143.jp2)
  95. 第八章 禹の変容と五祀 / p275 (0145.jp2)
  96. はじめに / p275 (0145.jp2)
  97. 第一節 嫁娶日の吉凶にかかわる禹 / p276 (0146.jp2)
  98. 第二節 治癒神としての禹 / p282 (0149.jp2)
  99. 第三節 アジールの神としての禹 / p288 (0152.jp2)
  100. 第四節 行神祭祀と利祀 / p299 (0157.jp2)
  101. むすび / p304 (0160.jp2)
  102. 第九章 「日書」に反映された秦・楚のまなざし / p313 (0164.jp2)
  103. はじめに / p313 (0164.jp2)
  104. 第一節 「玄戈」における秦・楚の占法原理の差異 / p314 (0165.jp2)
  105. 1 二十八宿占いと吉凶の排列 / p314 (0165.jp2)
  106. 2 招搖・玄戈の占法原理 / p319 (0167.jp2)
  107. 3 「玄戈」における楚のまなざし / p322 (0169.jp2)
  108. 第二節 「稷辰」・「秦」における楚のまなざし / p325 (0170.jp2)
  109. 第三節 建除における楚のまなざし / p328 (0172.jp2)
  110. 第四節 「歳」における秦のまなざし / p334 (0175.jp2)
  111. むすび / p337 (0176.jp2)
  112. 第十章 戦国秦の嗇夫制と県制 / p341 (0178.jp2)
  113. はじめに / p341 (0178.jp2)
  114. 第一節 県邑を主管する嗇人 / p342 (0179.jp2)
  115. 第二節 県令と県嗇夫・人嗇人 / p346 (0181.jp2)
  116. 第三節 「語書」と県・道嗇人 / p355 (0185.jp2)
  117. むすび / p359 (0187.jp2)
  118. 終章 睡虎地秦簡よりみた戦国秦の法と習俗 / p363 (0189.jp2)
  119. はじめに / p363 (0189.jp2)
  120. 第一節 秦律にたいする楚暦の影響 / p364 (0190.jp2)
  121. 第二節 「封診式」毒言における悪口のタブー / p369 (0192.jp2)
  122. 第三節 「封診式」にあらわれた国家と家族・共同体 / p374 (0195.jp2)
  123. 第四節 「語書」と六国の統一 / p380 (0198.jp2)
  124. 第五節 戦国秦における法治主義の転換 / p385 (0200.jp2)
  125. むすび / p391 (0203.jp2)
  126. あとがき / p397 (0206.jp2)
  127. 欧文目次 / p1 (0237.jp2)
  128. 事項・書名索引 / p11 (0233.jp2)
  129. 引用文献索引 / p23 (0227.jp2)
  130. 秦筒簡番号対照表・引用索引 / p38 (0219.jp2)
10アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173681
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173957
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337995
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ