【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

中近世声調史の研究 chukinsei seichoshi no kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 坂本, 清恵 サカモト, キヨエ

書誌事項

タイトル

中近世声調史の研究

タイトル別名

chukinsei seichoshi no kenkyu

著者名

坂本, 清恵

著者別名

サカモト, キヨエ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

乙第1407号

学位授与年月日

1998-11-10

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1407号 ; 学位の種類:博士(文学) ; 授与年月日:1998/11/10 ; 早大学位記番号:新2707

目次

  1. 序章 / p1 (0008.jp2)
  2. 第一部 歌書および仮名遣い書にあらわれる声調の問題 / p5 (0012.jp2)
  3. 第一章 京大本『古今秘注抄』における定家仮名遣い / p6 (0013.jp2)
  4. 一 はじめに / p6 (0013.jp2)
  5. 二 本文注記にうかがえるアクセント仮名遣 / p6 (0013.jp2)
  6. 三 定家自筆本との用字法の違い / p7 (0014.jp2)
  7. 四「お」「を」使い分けの全貌 / p8 (0015.jp2)
  8. 五 考察 / p22 (0029.jp2)
  9. 第二章 中院通茂の声点注記について 京都大学附属図書館蔵『古今和歌集聞書』を中心に / p25 (0032.jp2)
  10. 一 はじめに / p25 (0032.jp2)
  11. 二 低起式アクセントの注記[一拍名詞][二拍名詞][三拍名詞] / p26 (0033.jp2)
  12. 三 高起式アクセントの注記 / p30 (0037.jp2)
  13. 四 天和の伝授 / p35 (0042.jp2)
  14. 三 平声点 / p41 (0044.jp2)
  15. 四 上声点 / p45 (0048.jp2)
  16. 五 去声点 / p46 (0049.jp2)
  17. 六 おわりに / p47 (0050.jp2)
  18. 第四章 契沖の四声観と定家仮名遣い批判 / p52 (0055.jp2)
  19. 一 はじめに / p52 (0055.jp2)
  20. 二『和字正濫鈔』 / p52 (0055.jp2)
  21. 三『和字正濫通妨抄』 / p55 (0058.jp2)
  22. 四『和字正濫要略』 / p60 (0063.jp2)
  23. 五 おわりに / p61 (0064.jp2)
  24. 第二部 能・謡曲に反映する声調の研究 / p63 (0066.jp2)
  25. 第一章 世阿弥自筆能本の声点について / p64 (0067.jp2)
  26. 一 はじめに / p64 (0067.jp2)
  27. 二 声点と譜 / p64 (0067.jp2)
  28. 三 差声の実態 / p67 (0070.jp2)
  29. 四 アクセント体系変化と世阿弥自筆能本の声点 / p71 (0074.jp2)
  30. 五 おわりに / p72 (0075.jp2)
  31. 第二章 能・謡曲資料の胡麻章について / p76 (0079.jp2)
  32. 一 世阿弥自筆能本の胡麻章 / p76 (0079.jp2)
  33. 二 観世元頼本のアクセント / p77 (0080.jp2)
  34. 三 謡曲手引き書に反映するアクセント / p79 (0082.jp2)
  35. 付 世阿弥自筆能本声点および胡麻章索引 / p83 (0086.jp2)
  36. 第三部 浄瑠璃に反映する音声についての研究 / p99 (0102.jp2)
  37. 第一章 近松浄瑠璃譜本に反映した十七世紀末大阪アクセント / p100 (0103.jp2)
  38. 一 はじめに / p100 (0103.jp2)
  39. 二 資料と方法 / p100 (0103.jp2)
  40. 三 施譜について / p102 (0105.jp2)
  41. 四 近松浄瑠璃譜本に反映したアクセント所属語彙 / (0109.jp2)
  42. 五 十七世紀末大阪アクセント / p108 (0111.jp2)
  43. 六 おわりに / (0112.jp2)
  44. 第二章 初期義太夫節の節付けとアクセントの関係について / p112 (0115.jp2)
  45. 一 はじめに / p112 (0115.jp2)
  46. 二 曲節とアクセント / p113 (0116.jp2)
  47. 三「ウ」「ハル」の機能 / p117 (0120.jp2)
  48. 四 おわりに / p121 (0124.jp2)
  49. 第三章 近松世話物浄瑠璃譜本における掛詞とアクセントとの関係について / p124 (0127.jp2)
  50. 一 はじめに / p124 (0127.jp2)
  51. 二 掛詞の分類 / p124 (0127.jp2)
  52. 三 分類による検討 / p125 (0128.jp2)
  53. 四 まとめ / p137 (0140.jp2)
  54. 第四章 近松世話物浄瑠璃譜本における動詞終止連体形のアクセント / p140 (0143.jp2)
  55. 一 はじめに / p140 (0143.jp2)
  56. 二 胡麻施譜状況 / p140 (0143.jp2)
  57. 三 終止形・連体形のアクセント / p141 (0144.jp2)
  58. 四 類別と胡麻施譜の揺れ / p148 (0151.jp2)
  59. 五 おわりに / p149 (0152.jp2)
  60. 第五章 近松世話物浄瑠璃譜本における動詞未然形のアクセントと付属語の接続 / p152 (0155.jp2)
  61. 一 はじめに / p152 (0155.jp2)
  62. 二 未然形のアクセント / p152 (0155.jp2)
  63. 三 一般形 / p153 (0156.jp2)
  64. 四 特殊形① / p157 (0160.jp2)
  65. 五 特殊形② / p161 (0164.jp2)
  66. 六 おわりに / p165 (0168.jp2)
  67. 第六章 近松世話物浄瑠璃本における動詞連用形のアクセント / p167 (0170.jp2)
  68. 一 はじめに / p167 (0170.jp2)
  69. 二 連用形一般のアクセント / p167 (0170.jp2)
  70. 三 連用形特殊 / p174 (0177.jp2)
  71. 四 おわりに / p176 (0179.jp2)
  72. 第七章 義太夫節の訛りとアクセント / p179 (0182.jp2)
  73. 一 はじめに / p179 (0182.jp2)
  74. 二 義太夫節稽古手引書の「訛り」 / p179 (0182.jp2)
  75. 三「蜑訛り」について / p185 (0188.jp2)
  76. 四 おわりに / p196 (0199.jp2)
  77. 第八章 義太夫節におけるアクセントの伝承とその研究方法 / p202 (0205.jp2)
  78. 一 はじめに / p202 (0205.jp2)
  79. 二 これまでの研究 / p202 (0205.jp2)
  80. 三 近世期大阪アクセントと現代大阪アクセントの相違点 / p204 (0207.jp2)
  81. 四 現行義太夫節に反映するアクセントの検討 / p206 (0209.jp2)
  82. 五 おわりに / p209 (0212.jp2)
  83. 第九章 浄瑠璃譜本における「読み」と胡麻章の関係について / p213 (0216.jp2)
  84. 一 はじめに / p213 (0216.jp2)
  85. 二 仮名書き例の語の意味決定 / p213 (0216.jp2)
  86. 三 漢字表記例の読み方の決定 / p214 (0217.jp2)
  87. 第十章 浄瑠璃譜本の「読み」と「語り」について-「冥途の飛脚」を資料に- / (0220.jp2)
  88. 一 はじめに / (0220.jp2)
  89. 二 解釈にかかわるもの / (0220.jp2)
  90. 三 語り方について / p221 (0224.jp2)
  91. 四 おわりに / p224 (0227.jp2)
  92. 第十一章 近世音曲に反映するアクセントについて / p225 (0228.jp2)
  93. 一 はじめに / p225 (0228.jp2)
  94. 二 土佐節のアクセント / p225 (0228.jp2)
  95. 三 義太夫節のアクセント / p226 (0229.jp2)
  96. 四 江戸音曲のアクセント / p227 (0230.jp2)
  97. 五 おわりに / p228 (0231.jp2)
  98. 第四部 体系変化の前後におけるアクセント体系についての研究 / (0234.jp2)
  99. 第一章 調査対象と集計方法 / p232 (0235.jp2)
  100. 第二章 体言のアクセント型 / p234 (0237.jp2)
  101. 一 アクセント体系変化前 / p234 (0237.jp2)
  102. 二 アクセント体系変化後 / p240 (0243.jp2)
  103. 三 アクセントの式について / p244 (0247.jp2)
  104. 四 現代京都アクセント / (0249.jp2)
  105. 第三章 動詞のアクセント型 / p248 (0251.jp2)
  106. 一 四段動詞 / p248 (0251.jp2)
  107. 二 一・二段動詞 / p250 (0253.jp2)
  108. 付:『近松世話物浄瑠璃 胡麻章付語彙索引』体言篇・用言篇 / p254 (0257.jp2)
  109. 『近世上方アクセント資料索引』 / (0270.jp2)
11アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173682
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173958
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000337996
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ