【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

犯罪概念と可罰性 : 客観的処罰条件と一身的処罰阻却事由について hanzai gainen to kabatsusei -kyakkanteki shobatsu joken to isshinteki shobatsu sokyaku jiyu ni tsuite- seibundo

この論文をさがす

著者

    • 松原, 芳博 マツバラ, ヨシヒロ

書誌事項

タイトル

犯罪概念と可罰性 : 客観的処罰条件と一身的処罰阻却事由について

タイトル別名

hanzai gainen to kabatsusei -kyakkanteki shobatsu joken to isshinteki shobatsu sokyaku jiyu ni tsuite-

タイトル別名

seibundo

著者名

松原, 芳博

著者別名

マツバラ, ヨシヒロ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(法学)

学位授与番号

乙第1413号

学位授与年月日

1998-11-24

注記・抄録

博士論文

早稲田大学授与学位論文(博士): 制度:新 ; 文部省報告番号:乙1413号 ; 学位の種類:博士(法学) ; 授与年月日:1998-11-24 ; 早大学位記番号:新2713 概要書あり

目次

  1. 目次 / p1 (0005.jp2)
  2. はしがき / p1 (0004.jp2)
  3. 序章 「可罰性」の概念 / p1 (0011.jp2)
  4. はじめに / p1 (0011.jp2)
  5. 第一節 「可罰性」の意義 / p2 (0012.jp2)
  6. 第二節 「可罰性」の内容―「当罰性」と「要罰性」― / p4 (0013.jp2)
  7. 第三節 「可罰性」の犯罪論体系上の地位 / p8 (0015.jp2)
  8. 第四節 小括 / p12 (0017.jp2)
  9. 第一編 いわゆる客観的処罰条件について / (0017.jp2)
  10. 第一章 「犯罪」概念と客観的処罰条件 / p15 (0018.jp2)
  11. 第一節 「客観的処罰条件」概念の問題性 / p15 (0018.jp2)
  12. 第二節 「客観的処罰条件」という用語 / p21 (0021.jp2)
  13. 第三節 学説状況の概観 / p28 (0025.jp2)
  14. 第四節 犯罪概念の各構成要素と客観的処罰条件―次章以下の指針として― / p39 (0030.jp2)
  15. 第二章 「行為」と客観的処罰条件 / p43 (0032.jp2)
  16. 第三章 「構成要件」と客観的処罰条件―客観的処罰条件概念の確立期の学説を素材として― / p47 (0034.jp2)
  17. 序説 / p47 (0034.jp2)
  18. 第一節 ドイツの学説 / p48 (0035.jp2)
  19. 第一款 「価値中立的な構成要件」と客観的処罰条件 / p48 (0035.jp2)
  20. 第二款 「不法類型としての構成要件」と客観的処罰条件 / p55 (0038.jp2)
  21. 第二節 わが国の学説 / p64 (0043.jp2)
  22. 第三節 考察 / p69 (0045.jp2)
  23. 第四章 責任主義と客観的処罰条件―一九五〇年代以降のドイツにおける学説を素材として― / p79 (0050.jp2)
  24. 序説 / p79 (0050.jp2)
  25. 第一節 通説的見解―処罰制限事由説 / p81 (0051.jp2)
  26. 第一款 シュミットホイザーの見解―処罰制限事由説の基本的思考方法― / p83 (0052.jp2)
  27. 第二款 シュトラーテンヴェルト見解―「当罰性」と「要罰性」の分離― / p87 (0054.jp2)
  28. 第三款 処罰制限事由説の問題性 / p91 (0056.jp2)
  29. 第二節 通説に反対する見解―不法要素説 / p107 (0064.jp2)
  30. 第一款 オットーの見解―当罰的な法益の侵害・危殆化と客観的処罰条件― / p109 (0065.jp2)
  31. 第二款 ヤコブスの見解―命令・禁止の遡及的、事後的な条件としての客観的処罰条件― / p112 (0067.jp2)
  32. 第三款 アルトゥール・カウフマンの見解―責任主義の限界としての客観的処罰条件― / p115 (0068.jp2)
  33. 第四款 シュヴァイケルトの見解―危険責任説による客観的処罰条件の正当化― / p120 (0071.jp2)
  34. 第五款 ザックスの見解―客観的処罰条件に関する回避不可能な錯誤の免責― / p125 (0073.jp2)
  35. 第六款 ベムマンの見解―客観的処罰条件の存在の否定― / p131 (0076.jp2)
  36. 第三節 小括 / p141 (0081.jp2)
  37. 第五章 「犯罪」概念の実質化と客観的処罰条件―わが国における客観的処罰条件の還元論― / p145 (0083.jp2)
  38. 序説 / p145 (0083.jp2)
  39. 第一節 「可罰性」の要素としての客観的処罰条件 / p146 (0084.jp2)
  40. 第一款 荘子邦雄教授の見解 / p146 (0084.jp2)
  41. 第二款 中野次雄教授の見解 / p150 (0086.jp2)
  42. 第二節 「責任」の要素としての客観的処罰条件―堀内捷三教授の見解― / p155 (0088.jp2)
  43. 第三節 「可罰的違法類型」の要素としての客観的処罰条件―佐伯千仭博士の見解― / p161 (0091.jp2)
  44. 第四節 小括 / p172 (0097.jp2)
  45. 第六章 規範論と客観的処罰条件―犯罪論における「結果」の体系的地位― / p175 (0098.jp2)
  46. 第一節 問題の所在 / p175 (0098.jp2)
  47. 第二節 一元的人的不法論 / p178 (0100.jp2)
  48. 第一款 一元的人的不法論の主張 / p178 (0100.jp2)
  49. 第二款 批判的検討 / p191 (0106.jp2)
  50. 第三節 二元的人的不法論 / p203 (0112.jp2)
  51. 第一款 二元的人的不法論の主張 / p203 (0112.jp2)
  52. 第二款 批判的検討 / p209 (0115.jp2)
  53. 第四節 客観的評価規範論の正当性 / p218 (0120.jp2)
  54. 第五節 規範論と客観的処罰条件 / p222 (0122.jp2)
  55. 第七章 客観的処罰条件の犯罪概念への還元のための一試論 / p225 (0123.jp2)
  56. 第一節 事前収賄罪における「公務員への就任」 / p225 (0123.jp2)
  57. 第一款 事前収賄罪の不法構造 / p225 (0123.jp2)
  58. 第二款 不法構成要件への還元にともなう解釈論上の帰結 / p236 (0129.jp2)
  59. 第二節 破産犯罪における「破産宣告の確定」 / p249 (0135.jp2)
  60. 第一款 破産犯罪の不法構造 / p249 (0135.jp2)
  61. 第二款 不法構成要件への還元にともなう解釈論上の帰結―とくに行為と「破産宣告の確定」との関係について― / p265 (0143.jp2)
  62. 第三節 公務執行妨害罪における「職務行為の適法性」等 / p277 (0149.jp2)
  63. 第八章 判例と客観的処罰条件―破産犯罪における「破産宣告の確定」の法的性質と解釈論上の取扱い― / p285 (0153.jp2)
  64. 序説 / p285 (0153.jp2)
  65. 第一節 「破産宣告の確定」の法的性質 / p286 (0154.jp2)
  66. 第二節 行為と「破産宣告の確定」との時間的前後関係 / p287 (0154.jp2)
  67. 第三節 行為と「破産宣告の確定」とのあいだの因果関係 / p294 (0158.jp2)
  68. 第四節 「破産宣告の確定」前の原状回復 / p300 (0161.jp2)
  69. 第五節 「破産宣告の確定」の可能性および「破産宣告の確定」に対する認識・予見 / p303 (0162.jp2)
  70. 第六節 「破産宣告の確定」と罪数 / p309 (0165.jp2)
  71. 第七節 公訴時効の起算点 / p312 (0167.jp2)
  72. 第八節 「破産宣告の確定」前の刑の変更 / p315 (0168.jp2)
  73. 第九節 「破産宣告の確定」の訴訟法上の取扱い / p318 (0170.jp2)
  74. 第一〇節 小括 / p321 (0171.jp2)
  75. 第二編 いわゆる一身的処罰阻却事由について / (0172.jp2)
  76. 第一章 「犯罪」概念と一身的処罰阻却事由 / p325 (0173.jp2)
  77. 第一節 通説的見解の問題性 / p325 (0173.jp2)
  78. 第二節 「一身的処罰阻却事由」概念の存在理由 / p335 (0178.jp2)
  79. 第三節 一身的処罰阻却事由の「犯罪」概念への還元の可能性 / p339 (0180.jp2)
  80. 第二章 機能論的―目的論的な犯罪概念と一身的処罰阻却事由 / p349 (0185.jp2)
  81. 序説 / p349 (0185.jp2)
  82. 第一節 シュミットホイザーの見解―「当罰性」と一身的処罰阻却事由― / p351 (0186.jp2)
  83. 第二節 ブロイの見解―「要罰性」による不法の質的修正と一身的処罰阻却事由― / p354 (0188.jp2)
  84. 第三節 ロクシンの見解―「答責性」と一身的処罰阻却事由― / p359 (0190.jp2)
  85. 第四節 小括 / p364 (0193.jp2)
  86. 第三章 親族相盗例 / p367 (0194.jp2)
  87. 第一節 問題の所在 / p367 (0194.jp2)
  88. 第二節 実質的法的性質論―刑の免除の実質的根拠 / p370 (0196.jp2)
  89. 第一款 処罰阻却事由説(政策説) / p370 (0196.jp2)
  90. 第二款 違法阻却・減少説 / p375 (0198.jp2)
  91. 第三款 二元説および複合説 / p380 (0201.jp2)
  92. 第四款 責任阻却・減少説 / p382 (0202.jp2)
  93. 第五款 責任論への還元のための一試論 / p389 (0205.jp2)
  94. 第三節 形式的法的性質論―「犯罪」の成否 / p394 (0208.jp2)
  95. 第一款 判例・学説の状況 / p394 (0208.jp2)
  96. 第二款 検討 / p396 (0209.jp2)
  97. 第四節 責任論への還元にともなう解釈論上の帰結 / p401 (0211.jp2)
  98. 第一款 親族関係の錯誤 / p401 (0211.jp2)
  99. 第二款 親族関係の対象 / p409 (0215.jp2)
  100. 第三款 内縁関係への適用 / p413 (0217.jp2)
  101. 第四款 共犯の取扱いおよび獲得物の贓物性〔盗品性〕 / p415 (0218.jp2)
  102. 第四章 盗品等に関する罪における親族特例 / p419 (0220.jp2)
  103. 第一節 法的性質―「犯罪」の成否と刑の免除の実質的根拠 / p419 (0220.jp2)
  104. 第一款 判例・学説の検討 / p419 (0220.jp2)
  105. 第二款 責任論への還元 / p424 (0223.jp2)
  106. 第二節 解釈論上の諸問題 / p426 (0224.jp2)
  107. 第一款 親族関係の錯誤 / p426 (0224.jp2)
  108. 第二款 親族関係の対象 / p429 (0225.jp2)
  109. 第五章 犯人蔵匿罪および証拠隠滅罪に関する親族特例 / p435 (0228.jp2)
  110. 結語 / p441 (0231.jp2)
20アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173688
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173964
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338002
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ