【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

自動車用センサの技術開発プロセスに関する研究 jidoshayo sensa no gijutsu kaihatsu purosesu ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 小林, 博 コバヤシ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

自動車用センサの技術開発プロセスに関する研究

タイトル別名

jidoshayo sensa no gijutsu kaihatsu purosesu ni kansuru kenkyu

著者名

小林, 博

著者別名

コバヤシ, ヒロシ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第1425号

学位授与年月日

1999-02-04

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1425号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1999-02-4 ; 早大学位記番号:新2750 ; 理工学図書館請求番号:2309

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / (0006.jp2)
  3. 1-1.本章の主題 / 1-1 / (0006.jp2)
  4. 1-2.自動車技術におけるセンサ技術の役割 / 1-1 / (0006.jp2)
  5. 1-3.自動車技術におけるセンサ技術の重要性 / 1-10 / (0015.jp2)
  6. 1-4.自動車技術におけるセンサ技術の特殊性 / 1-16 / (0021.jp2)
  7. 1-5.自動車技術におけるセンサ技術の現在の課題 / 1-18 / (0023.jp2)
  8. 1-6.本論分の目的 / 1-27 / (0032.jp2)
  9. 1-7.本章を含む本論分の構成 / 1-29 / (0034.jp2)
  10. 参考論文 / 1-31 / (0036.jp2)
  11. 第2章 超音波式車高センサの研究開発 / 2-1 / (0040.jp2)
  12. 2-1.本章の主題 / 2-1 / (0040.jp2)
  13. 2-2.本研究開発の背景 / 2-1 / (0040.jp2)
  14. 2-3.制御対象と測定対象との関係 / 2-2 / (0041.jp2)
  15. 2-4.車高測定方式の検討 / 2-7 / (0046.jp2)
  16. 2-5.開発上の技術課題 / 2-7 / (0046.jp2)
  17. 2-6.車高センサの信頼性の確保 / 2-8 / (0047.jp2)
  18. 2-7.直達波の課題検討 / 2-11 / (0050.jp2)
  19. 2-8.開発品の性能 / 2-18 / (0057.jp2)
  20. 2-9.開発した技術の意義 / 2-18 / (0057.jp2)
  21. 参考文献 / 2-19 / (0058.jp2)
  22. 第3章 超音波ドップラ効果式対地車速センサの研究開発 / 3-1 / (0059.jp2)
  23. 3-1.本章の主題 / 3-1 / (0059.jp2)
  24. 3-2.本研究開発の背景 / 3-1 / (0059.jp2)
  25. 3-3.測定方式の検討 / 3-2 / (0060.jp2)
  26. 3-4.開発上の技術課題 / 3-3 / (0061.jp2)
  27. 3-5.実験装置 / 3-3 / (0061.jp2)
  28. 3-6.音波の空気中での伝播特性と路面での反射特性の分析 / 3-5 / (0063.jp2)
  29. 3-7.ドップラ信号特性の解析 / 3-8 / (0066.jp2)
  30. 3-8.ドップラ信号の測定技術の開発 / 3-10 / (0068.jp2)
  31. 3-9.開発品の性能 / 3-14 / (0072.jp2)
  32. 3-10.開発した技術の意義 / 3-17 / (0075.jp2)
  33. 参考文献 / 3-19 / (0077.jp2)
  34. 第4章 電気容量式燃料ゲージの研究開発 / 4-1 / (0078.jp2)
  35. 4-1.本章の主題 / 4-1 / (0078.jp2)
  36. 4-2.本研究開発の背景 / 4-1 / (0078.jp2)
  37. 4-3.液面の挙動の分析 / 4-1 / (0078.jp2)
  38. 4-4.測定方式の検討 / 4-2 / (0079.jp2)
  39. 4-5.開発上の技術課題 / 4-3 / (0080.jp2)
  40. 4-6.電極構造の設計手法の開発 / 4-4 / (0081.jp2)
  41. 4-7.電極構造の設計手法の適用範囲 / 4-11 / (0088.jp2)
  42. 4-8.信号処理法の開発 / 4-13 / (0090.jp2)
  43. 4-9.電極間容量の測定精度要因の分析 / 4-18 / (0095.jp2)
  44. 4-10.開発した技術の意義 / 4-19 / (0096.jp2)
  45. 参考文献 / 4-20 / (0097.jp2)
  46. 第5章 電気容量式アルコール濃度センサの研究開発 / 5-1 / (0098.jp2)
  47. 5-1.本章の主題 / 5-1 / (0098.jp2)
  48. 5-2.本研究開発の背景 / 5-1 / (0098.jp2)
  49. 5-3.測定対象の性質の分析 / 5-1 / (0098.jp2)
  50. 5-4.測定方式の検討 / 5-2 / (0099.jp2)
  51. 5-5.開発上の技術課題とその解決 / 5-5 / (0102.jp2)
  52. 5-6.開発した技術の意義 / 5-8 / (0105.jp2)
  53. 参考文献 / 5-9 / (0106.jp2)
  54. 第6章 結論 / 6-1 / (0107.jp2)
  55. 6-1.本章の主題 / 6-1 / (0107.jp2)
  56. 6-2.開発したセンサの技術競争力 / 6-1 / (0107.jp2)
  57. 6-3.開発したセンサにおける要素技術開発 / 6-5 / (0111.jp2)
  58. 6-4.実行したセンサにおける技術開発プロセス / 6-13 / (0119.jp2)
  59. 6-5.結論 / 6-35 / (0141.jp2)
  60. 6-6.今後の展望 / 6-36 / (0142.jp2)
  61. 附録A 電気容量式位置センサの研究開発 / A-1 / (0143.jp2)
  62. A-1.本章の主題 / A-1 / (0143.jp2)
  63. A-2.本研究開発の背景 / A-1 / (0143.jp2)
  64. A-3.測定方式の検討 / A-1 / (0143.jp2)
  65. A-4.センサ基本構造の設計 / A-3 / (0145.jp2)
  66. A-5.長い変位位置センサの詳細設計 / A-5 / (0147.jp2)
  67. A-6.長い変位センサの構造 / A-8 / (0150.jp2)
  68. A-7.前輪実舵角センサの開発品の性能 / A-10 / (0152.jp2)
  69. A-8.開発した技術の意義 / A-11 / (0153.jp2)
  70. 参考文献 / A-12 / (0154.jp2)
  71. 附録B 複合誘電体の研究開発 / (0155.jp2)
  72. B-1.本章の主題 / B-1 / (0155.jp2)
  73. B-2.本研究開発の背景 / B-1 / (0155.jp2)
  74. B-3.短い変位位置センサの基本構造の設計 / B-1 / (0155.jp2)
  75. B-4.複合誘電体の材料設計 / B-4 / (0158.jp2)
  76. B-5.複合誘電体の製作法 / B-5 / (0159.jp2)
  77. B-6.複合誘電体の寸法安定性 / B-6 / (0160.jp2)
  78. B-7.複合誘電体の誘電率特性 / B-7 / (0161.jp2)
  79. B-8.後輪実舵角センサの開発品の構造 / B-10 / (0164.jp2)
  80. B-9.後輪実舵角センサの開発品の性能 / B-12 / (0166.jp2)
  81. B-10.開発した技術の意義 / B-13 / (0167.jp2)
  82. 参考文献 / B-14 / (0168.jp2)
  83. 謝辞 / (0169.jp2)
  84. 著者の論文等 / (0170.jp2)
  85. 著者の特許 / (0172.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173700
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000173976
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338014
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ