【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ホールバーニング波長多重ホログラムの研究 horu baningu hacho taju horoguramu no kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 佐々木, 浩子 ササキ, ヒロコ

書誌事項

タイトル

ホールバーニング波長多重ホログラムの研究

タイトル別名

horu baningu hacho taju horoguramu no kenkyu

著者名

佐々木, 浩子

著者別名

ササキ, ヒロコ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第1450号

学位授与年月日

1999-03-04

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1450号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1999-03-4 ; 早大学位記番号:新2824 ; 理工学図書館請求番号:2380

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景 / p1 (0006.jp2)
  4. 1.2 高密度記録の研究動向 / p2 (0007.jp2)
  5. 1.3 本研究の目的と論文の概要 / p5 (0010.jp2)
  6. 第2章 ホールバーニングとホールバーニングメモリー / p9 (0014.jp2)
  7. 2.1 ホールバーニング / p9 (0014.jp2)
  8. 2.2 ホールバーニングの実験 / p10 (0015.jp2)
  9. 2.3 ホールバーニングメモリー / p14 (0019.jp2)
  10. 2.4 ホールバーニングの機構 / p15 (0020.jp2)
  11. 第3章 Eu³⁺:Y₂SiO₅の光学的性質とホールバーニング / p22 (0027.jp2)
  12. 3.1 本章の概要 / p22 (0027.jp2)
  13. 3.2 Eu³⁺:Y₂SiO₅の光学的性質 / p23 (0028.jp2)
  14. 3.3 Eu³⁺:Y₂SiO₅のホールバーニング / p26 (0031.jp2)
  15. 3.4 Eu³⁺:Y₂SiO₅のホールバーニングの特徴 / p28 (0033.jp2)
  16. 3.5 まとめ / p32 (0037.jp2)
  17. 第4章 ホールバーニングを用いた波長多重ホログラム / p35 (0040.jp2)
  18. 4.1 本章の概要 / p35 (0040.jp2)
  19. 4.2 波長多重ホログラム(画像の多重記録) / p36 (0041.jp2)
  20. 4.3 研究の背景と目的 / p37 (0042.jp2)
  21. 4.4 波長多重ホログラムの実験 / p38 (0043.jp2)
  22. 4.5 結果と考察 / p40 (0045.jp2)
  23. 4.6 まとめ / p44 (0049.jp2)
  24. 第5章 波長多重ホログラムの応用 (1) ―動画記録― / p47 (0052.jp2)
  25. 5.1 本章の概要 / p47 (0052.jp2)
  26. 5.2 動画記録の原理と研究の目的 / p47 (0052.jp2)
  27. 5.3 動画記録の実験 / p51 (0056.jp2)
  28. 5.4 結果と考察 / p52 (0057.jp2)
  29. 5.5 まとめ / p57 (0062.jp2)
  30. 第6章 動画記録の時間分解能 / p60 (0065.jp2)
  31. 6.1 本章の概要 / p60 (0065.jp2)
  32. 6.2 動画記録の時間分解能の原理的限界 / p61 (0066.jp2)
  33. 6.3 時間分解能の向上に関する考察―実験との比較 / p65 (0070.jp2)
  34. 6.4 まとめ / p67 (0072.jp2)
  35. 第7章 波長多重ホログラムの応用 (2) ―動画像処理― / p68 (0073.jp2)
  36. 7.1 本章の概要 / p68 (0073.jp2)
  37. 7.2 研究の背景と目的 / p69 (0074.jp2)
  38. 7.3 動画像からの画像抽出方法の提案と原理 / p72 (0077.jp2)
  39. 7.4 動画像からの画像抽出の実験 / p73 (0078.jp2)
  40. 7.5 結果と考察 / p75 (0080.jp2)
  41. 7.6 まとめ / p82 (0087.jp2)
  42. 第8章 波長多重ホログラムの応用 (3) ―Pulse-correlation法― / p85 (0090.jp2)
  43. 8.1 本章の概要 / p85 (0090.jp2)
  44. 8.2 pulse―correlation法の提案と研究目的 / p85 (0090.jp2)
  45. 8.3 Pulse―correlation法による並列画像抽出の実験 / p88 (0093.jp2)
  46. 8.4 結果と考察 / p92 (0097.jp2)
  47. 8.5 まとめ / p99 (0104.jp2)
  48. 第9章 結論と今後の展望 / p101 (0106.jp2)
  49. 9.1 結論 / p101 (0106.jp2)
  50. 9.2 課題 / p103 (0108.jp2)
  51. 9.3 今後の展望 / p106 (0111.jp2)
  52. Appendix / p108 (0113.jp2)
  53. 謝辞 / p116 (0121.jp2)
  54. 本研究に関する論文・発表 / p117 (0122.jp2)
  55. 本研究に関する特許出願 / p122 (0127.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173725
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174001
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338039
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ