【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

超電導応用機器の超合金溶接部の強度特性に関する研究 chodendo oyo kiki no chogokin yosetsubu no kyodo tokusei ni kansuru kenkyu

この論文をさがす

著者

    • 鈴木, 信久 スズキ, ノブヒサ

書誌事項

タイトル

超電導応用機器の超合金溶接部の強度特性に関する研究

タイトル別名

chodendo oyo kiki no chogokin yosetsubu no kyodo tokusei ni kansuru kenkyu

著者名

鈴木, 信久

著者別名

スズキ, ノブヒサ

学位授与大学

早稲田大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第1452号

学位授与年月日

1999-03-04

注記・抄録

博士論文

制度:新 ; 文部省報告番号:乙1452号 ; 学位の種類:博士(工学) ; 授与年月日:1999-03-4 ; 早大学位記番号:新2826 ; 理工学図書館請求番号:2359

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 研究の対象 / p8 (0014.jp2)
  5. 1.3 従来の研究 / p10 (0016.jp2)
  6. 1.4 研究の目的と研究項目 / p18 (0024.jp2)
  7. 1.5 本研究の位置付けと論文の構成 / p19 (0025.jp2)
  8. 第1章の参考文献 / p23 (0029.jp2)
  9. 第2章 改良Ni基超合金とその溶接部の強度特性 / p29 (0035.jp2)
  10. 2.1 序言 / p29 (0035.jp2)
  11. 2.2 超電動回転子に要求される材料特性 / p29 (0035.jp2)
  12. 2.3 化学成分系の検討 / p31 (0037.jp2)
  13. 2.4 改良Ni基超合金の製造方法 / p32 (0038.jp2)
  14. 2.5 改良Ni基超合金の材料特性評価 / p36 (0042.jp2)
  15. 2.6 実機大型回転子への適用と強度検証 / p42 (0048.jp2)
  16. 2.7 ロ-タの製作方法 / p53 (0059.jp2)
  17. 2.8 結言 / p56 (0062.jp2)
  18. 第2章の参考文献 / p57 (0063.jp2)
  19. 第3章 鉄基超合金とその溶接部の強度特性 / p58 (0064.jp2)
  20. 3.1 序言 / p58 (0064.jp2)
  21. 3.2 超電動回転子の多重円筒に要求される材料特性 / p59 (0065.jp2)
  22. 3.3 鉄基超合金とその溶接部の試験方法 / p61 (0067.jp2)
  23. 3.4 試験結果 / p62 (0068.jp2)
  24. 3.5 考察 / p67 (0073.jp2)
  25. 3.6 実円筒構造への適用 / p75 (0081.jp2)
  26. 3.7 結言 / p81 (0087.jp2)
  27. 第3章の参考文献 / p81 (0087.jp2)
  28. 第4章 超合金を用いたシ-ル溶接部の疲労強度特性 / p83 (0089.jp2)
  29. 4.1 序言 / p83 (0089.jp2)
  30. 4.2 超電動応用機器のシール溶接部に要求される特性 / p83 (0089.jp2)
  31. 4.3 シール溶接継手形状の考察 / p87 (0093.jp2)
  32. 4.4 供試材および溶接条件 / p87 (0093.jp2)
  33. 4.5 シ-ル溶接部の疲労強度評価方法 / p93 (0099.jp2)
  34. 4.6 シール溶接部の統一的疲労強度評価 / p101 (0107.jp2)
  35. 4.7 シール溶接部の疲労設計法 / p113 (0119.jp2)
  36. 4.8 結言 / p116 (0122.jp2)
  37. 第4章の参考文献 / p118 (0124.jp2)
  38. 第5章 超合金を用いた異材円筒接合部の強度特性 / p120 (0126.jp2)
  39. 5.1 序言 / p120 (0126.jp2)
  40. 5.2 超電導回転子の三層円筒構造に要求される材料特性 / p121 (0127.jp2)
  41. 5.3 三層円筒構造の開発経緯 / p121 (0127.jp2)
  42. 5.4 異材円筒間の界面接合方法の選定 / p124 (0130.jp2)
  43. 5.5 実機大の異材円筒接合界面の強度検証 / p133 (0139.jp2)
  44. 5.6 異材接合円筒の三層溶接による長尺化とその強度特性 / p137 (0143.jp2)
  45. 5.7 実機三層円筒の製作方法 / p159 (0165.jp2)
  46. 5.8 実機三層円筒への適用と強度検証 / p159 (0165.jp2)
  47. 5.9 結言 / p171 (0177.jp2)
  48. 第5章の参考文献 / p173 (0179.jp2)
  49. 第6章 超合金を用いた異材接合部の疲労強度特性 / p175 (0181.jp2)
  50. 6.1 序言 / p175 (0181.jp2)
  51. 6.2 異材円筒接合部に対する損傷許容設計法の適用とその必要性 / p175 (0181.jp2)
  52. 6.3 供試材および試験方法 / p176 (0182.jp2)
  53. 6.4 異材接合試験片の引張特性 / p180 (0186.jp2)
  54. 6.5 異材接合界面の疲労き裂伝ぱ特性 / p183 (0189.jp2)
  55. 6.6 損傷許容設計の適用方法 / p193 (0199.jp2)
  56. 6.7 結言 / p197 (0203.jp2)
  57. 第6章の参考文献 / p198 (0204.jp2)
  58. 第7章 結論 / p200 (0206.jp2)
  59. 謝辞 / p205 (0211.jp2)
  60. 本論文に関連した研究業績一覧 / p206 (0212.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173727
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174003
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338041
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ