【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ゼラニウム(Pelargonium×hortorum)の花色および生態型育種

この論文をさがす

著者

    • 本藤, 加奈 ホンドウ, カナ

書誌事項

タイトル

ゼラニウム(Pelargonium×hortorum)の花色および生態型育種

著者名

本藤, 加奈

著者別名

ホンドウ, カナ

学位授与大学

愛媛大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

甲農博第241号

学位授与年月日

1998-03-16

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  3. 第I章 ゼラニウムにおける紫色花の作出 / p3 (0006.jp2)
  4. 【材料および方法】 / p3 (0006.jp2)
  5. 1.花弁表面色の測定 / p6 (0009.jp2)
  6. 2.Anthocyanidin分析 / p6 (0009.jp2)
  7. 3.Anthocyanin分析 / p9 (0012.jp2)
  8. 4.生花弁吸収スペクトルの測定 / p10 (0013.jp2)
  9. 【結果および考察】 / p11 (0014.jp2)
  10. 第1節 花色と花色素との関係 / p11 (0014.jp2)
  11. 1.紫紅色系統の交配による花色変異 / p11 (0014.jp2)
  12. 2.ゼラニウム花弁のanthocyanidin構成 / p15 (0018.jp2)
  13. 3.花色と色素構成 / p15 (0018.jp2)
  14. 4.コピグメント効果 / p27 (0031.jp2)
  15. 第2節 花色の遺伝様式 / p29 (0033.jp2)
  16. 1.Pg,Pn,Mvの遺伝 / p29 (0033.jp2)
  17. 2.色素量の遺伝 / p36 (0040.jp2)
  18. 第II章 ゼラニウム近縁野生種との交雑による有用形質の導入 / p38 (0042.jp2)
  19. 【材料および方法】 / p38 (0042.jp2)
  20. 【結果および考察】 / p41 (0045.jp2)
  21. 1. P.acetosumとの雑種の特性 / p41 (0045.jp2)
  22. 2. P.frutetorumおよびP.salmoneumとの雑種の特性 / p49 (0055.jp2)
  23. 3. P.quinquelotatumとの雑種の特性 / p51 (0057.jp2)
  24. 総合考察 / p52 (0059.jp2)
  25. 1.ゼラニウムにおける紫色花の作出 / p52 (0059.jp2)
  26. 2.ゼラニウム近縁種との交雑による有用形質の導入 / p57 (0064.jp2)
  27. 摘要 / p60 (0067.jp2)
  28. 謝辞 / p64 (0071.jp2)
  29. 引用文献 / p65 (0072.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173789
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174065
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338103
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ