【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

水晒しによって発現する戻り現象に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 野村, 明 ノムラ, アキラ

書誌事項

タイトル

水晒しによって発現する戻り現象に関する研究

著者名

野村, 明

著者別名

ノムラ, アキラ

学位授与大学

愛媛大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

乙農博第54号

学位授与年月日

1998-09-03

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 第I章 土佐湾産魚類のゲル化特性について / p5 (0010.jp2)
  4. 第1節 戻り発現に及ぼす水晒しの影響 / p5 (0010.jp2)
  5. 実験方法 / p5 (0010.jp2)
  6. 実験結果 / p9 (0014.jp2)
  7. 考察 / p14 (0019.jp2)
  8. 第2節 原料魚の肉pHと晒肉の40℃付近での戻り発現 / p17 (0022.jp2)
  9. 実験方法 / p17 (0022.jp2)
  10. 実験結果及び考察 / p17 (0022.jp2)
  11. 第II章 戻り発現条件が異なる魚種に対する二段加熱効果の差異 / p22 (0027.jp2)
  12. 実験方法 / p22 (0027.jp2)
  13. 実験結果 / p25 (0030.jp2)
  14. 考察 / p30 (0035.jp2)
  15. 第III章 水晒しによって誘発される40℃付近の戻りに対する水溶性タンパク質の抑制効果 / p33 (0038.jp2)
  16. 実験方法 / p33 (0038.jp2)
  17. 実験結果 / p36 (0041.jp2)
  18. 考察 / p43 (0048.jp2)
  19. 第IV章 水溶性タンパク質画分中のミオシン重鎖分解抑制因子の存在 / p45 (0050.jp2)
  20. 実験方法 / p45 (0050.jp2)
  21. 実験結果および考察 / p46 (0051.jp2)
  22. 第V章 水溶性タンパク質画分中のミオシン重鎖分解抑制因子の性質並びに単離精製 / p58 (0063.jp2)
  23. 実験方法 / p58 (0063.jp2)
  24. 実験結果及び考察 / p62 (0067.jp2)
  25. 要約 / p73 (0078.jp2)
  26. 謝辞 / p75 (0080.jp2)
  27. 文献 / p76 (0081.jp2)
  28. Summary / p84 (0089.jp2)
  29. 要旨 / p87 (0092.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173794
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174070
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338108
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ