【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

新しいパーキンソン病治療薬の開発に関する研究 : Pummerer型環化反応を用いるテトラヒドロイソキノリン類の新規合成法の開発

この論文をさがす

著者

    • 篠原, 達美 シノハラ, タツミ

書誌事項

タイトル

新しいパーキンソン病治療薬の開発に関する研究 : Pummerer型環化反応を用いるテトラヒドロイソキノリン類の新規合成法の開発

著者名

篠原, 達美

著者別名

シノハラ, タツミ

学位授与大学

昭和薬科大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第6号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 理論の部 / p8 (0008.jp2)
  4. 第1章 N-Arylmethyl-N-[2-(phenylsulfinyl)ethyl]acylamidesに対するPummerer型環化反応 / p8 (0008.jp2)
  5. 第1節 N-Arylmethyl-N-[2-(phenylsulfinyl)ethyl]acylamidesの合成 / p8 (0008.jp2)
  6. 第2節 N-Arylmethyl-N-[2-(phenylsulfanyl)ethyl]acylamidesに対するPummerer型環化反応 / p11 (0009.jp2)
  7. 第3節 N-Acyl-4-PhSTIQsの脱SPh化とTIQsへの誘導 / p16 (0012.jp2)
  8. 第4節 重水素標識TIQ合成への応用 / p19 (0013.jp2)
  9. 第2章 Pummerer型環化反応に及ぼすOMe基の置換基効果 / p21 (0014.jp2)
  10. 第1節 Mono-,Di-及びTrimethoxy-sulfoxidesに対するPummerer反応 / p21 (0014.jp2)
  11. 第2節 Benzothiazepineの構造とPummerer型環化反応に関する考察 / p29 (0018.jp2)
  12. 第3章 Modified Pummerer型環化反応を利用した1-Alkyl-TIQsの高効率合成 / p34 (0021.jp2)
  13. 第1節 6,7-Dimethoxy-1-methyl,1-Methyl-,1-Benzyl-及び1-Phenyl-TIQsの合成 / p34 (0021.jp2)
  14. 第2節 キラルアミンを利用する光学活性1-Methyl-及び1-Benzyl-TIQsの合成とそれらのコンフォメーション / p37 (0022.jp2)
  15. 第4章 Isopavine及びPavine Alkaloidsの位置選択的合成 / p45 (0026.jp2)
  16. 第1節 N-(1.2-Diarylethyl)-N-[2-(phenylsulfinyl)ethyl]formamideのPummerer反応によるTetrahydropapaverine及び2-Aryl-3-benzazepineの合成 / p45 (0026.jp2)
  17. 第2節 N-(1.2-Diarylethyl)-N-[2-(phenylsulfinyl)ethyl]formamideの二重環化反応による(±)-O-Methylthalisopavine及び(±)-Argemonineの合成 / p48 (0028.jp2)
  18. 第5章 1-Methyl-TIQアナローグの合成 / p54 (0031.jp2)
  19. 第1節 ハロゲン置換-1-Methyl-TIQsの合成 / p54 (0031.jp2)
  20. 第2節 異項環縮合-1-Methyltetrahydropyridine誘導体の合成 / p57 (0032.jp2)
  21. 結論 / p60 (0034.jp2)
  22. 謝辞 / p63 (0035.jp2)
  23. 実験の部 / p64 (0036.jp2)
  24. 参考文献 / p147 (0077.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173818
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174094
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338132
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ