【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

会合性液体の蒸発・凝縮現象に関する分子論的研究

この論文をさがす

著者

    • 小谷, 正直 コタニ, マサナオ

書誌事項

タイトル

会合性液体の蒸発・凝縮現象に関する分子論的研究

著者名

小谷, 正直

著者別名

コタニ, マサナオ

学位授与大学

富山県立大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第1号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p3 (0005.jp2)
  3. 第2章 主要記号 / p9 (0011.jp2)
  4. 第3章 実験装置および実験方法 / p12 (0014.jp2)
  5. 3.1 諸言 / p12 (0014.jp2)
  6. 3.2 衝撃波管の構造,作動原理,性能 / p12 (0014.jp2)
  7. 3.3 光多重反射干渉計 / p14 (0016.jp2)
  8. 3.4 実験方法 / p17 (0019.jp2)
  9. 3.5 結言 / p18 (0020.jp2)
  10. 第4章 反射衝撃波背後領域・衝撃波管管端面上に生ずる膜状凝縮の理論 / p20 (0022.jp2)
  11. 4.1 緒言 / p20 (0022.jp2)
  12. 4.2 物理的状況 / p20 (0022.jp2)
  13. 4.3 分子気体力学的境界条件 / p22 (0024.jp2)
  14. 4.4 液膜成長の理論 / p24 (0026.jp2)
  15. 4.5 液膜成長の挙動 / p28 (0030.jp2)
  16. 4.6 結言 / p35 (0037.jp2)
  17. 第5章 実験結果および考察 / p36 (0038.jp2)
  18. 5.1 緒言 / p36 (0038.jp2)
  19. 5.2 メタノール蒸気 / p36 (0038.jp2)
  20. 5.3 酢酸蒸気 / p41 (0043.jp2)
  21. 5.4 分子動力学シミュレーション / p49 (0051.jp2)
  22. 5.5 Chekmarevの理論による実験結果の解釈 / p54 (0056.jp2)
  23. 5.6 結言 / p56 (0058.jp2)
  24. 第6章 結論 / p59 (0061.jp2)
  25. 参考文献 / p62 (0064.jp2)
  26. 謝辞 / p66 (0068.jp2)
  27. 付録 反射衝撃波背後領域・衝撃波管管端面上に生ずる膜状凝縮の理論の支配方程式 / p67 (0069.jp2)
  28. 1 付録の主要記号 / p67 (0069.jp2)
  29. 2 基礎方程式 / p69 (0071.jp2)
  30. 3 無次元変換および座標変換 / p72 (0074.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173903
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174179
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338217
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ