【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

偏心を伴う水平二重管環状部における自然対流熱伝達に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 八戸, 俊貴 ハチノヘ, トシタカ

書誌事項

タイトル

偏心を伴う水平二重管環状部における自然対流熱伝達に関する研究

著者名

八戸, 俊貴

著者別名

ハチノヘ, トシタカ

学位授与大学

岩手大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第6号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / 目次1 / (0003.jp2)
  2. 記号表 / 記号表1 / (0005.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.1 研究の背景 / p1 (0007.jp2)
  5. 1.2 従来からの研究と本研究の位置づけ / p2 (0008.jp2)
  6. 1.3 本研究の目的 / p4 (0010.jp2)
  7. 1.4 本論文の構成 / p5 (0011.jp2)
  8. 参考文献 / p6 (0012.jp2)
  9. 第2章 管形状を円管とし,作動流体として空気を使用した場合の偏心に伴う二重円管内の自然対流熱伝達 / p7 (0013.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p7 (0013.jp2)
  11. 2.2 数値解析 / p7 (0013.jp2)
  12. 2.3 実験方法 / p19 (0025.jp2)
  13. 2.4 結果および考察 / p22 (0028.jp2)
  14. 2.5 結言 / p37 (0043.jp2)
  15. 参考文献 / p38 (0044.jp2)
  16. 第3章 管形状を楕円管とし,作動流体として空気を使用した場合の偏心に伴う二重管内の自然対流熱伝達 / p39 (0045.jp2)
  17. 3.1 緒言 / p39 (0045.jp2)
  18. 3.2 数値解析 / p40 (0046.jp2)
  19. 3.3 実験方法 / p44 (0050.jp2)
  20. 3.4 結果および考察 / p48 (0054.jp2)
  21. 3.5 結言 / p62 (0068.jp2)
  22. 参考文献 / p63 (0069.jp2)
  23. 第4章 管形状を円管とし,作動流体として水を使用した場合の偏心に伴う二重円管内の自然対流熱伝達 / p64 (0070.jp2)
  24. 4.1 緒言 / p64 (0070.jp2)
  25. 4.2 数値解析 / p64 (0070.jp2)
  26. 4.3 実験 / p76 (0082.jp2)
  27. 4.4 結果および考察 / p80 (0086.jp2)
  28. 4.5 結言 / p107 (0113.jp2)
  29. 参考文献 / p108 (0114.jp2)
  30. 第5章 結論 / p110 (0116.jp2)
  31. 謝辞 / p113 (0119.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000173958
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174234
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338272
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ