【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

核燃料大型再処理施設の保障措置における計量管理の研究

この論文をさがす

著者

    • 菊地, 昌廣 キクチ, マサヒロ

書誌事項

タイトル

核燃料大型再処理施設の保障措置における計量管理の研究

著者名

菊地, 昌廣

著者別名

キクチ, マサヒロ

学位授与大学

日本大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

乙第5477号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0002.jp2)
  2. 序 / (0003.jp2)
  3. 第1章 本研究の背景 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.1 わが国のプルトニウム利用計画 / p1 (0004.jp2)
  5. 1.2 核不拡散からの管理要請 / p3 (0005.jp2)
  6. 1.3 開発研究の視点 / p4 (0006.jp2)
  7. 第2章 核燃料大型再処理施設の想定 / p7 (0007.jp2)
  8. 2.1 再処理施設の記述 / p8 (0008.jp2)
  9. 2.2 モデル大型再処理施設の概要 / p17 (0012.jp2)
  10. 2.3 シミュレーション / p22 (0015.jp2)
  11. 第3章 核燃料大型再処理施設の計量管理精度に関する研究 / p31 (0019.jp2)
  12. 3.1 再処理施設の計量管理 / p31 (0019.jp2)
  13. 3.2 σMUFの計算結果の解析 / p36 (0022.jp2)
  14. 第4章 核燃料大型再処理施設のプルトニウム損失適時検知のための研究 / p51 (0029.jp2)
  15. 4.1 化学処理工程における損失発生のケース / p52 (0030.jp2)
  16. 4.2 NRTA手法による損失検知 / p56 (0032.jp2)
  17. 4.3 損失発生パターン解析による少量分割損失の検知 / p70 (0039.jp2)
  18. 4.4 Solution Monitoring手法による少量分割損失の検知 / p90 (0049.jp2)
  19. 第5章 結論と今後の課題 / p97 (0052.jp2)
  20. 5.1 適切な計量管理方法の研究について / p97 (0052.jp2)
  21. 5.2 プルトニウム損失の適時検知方法の研究について / p99 (0053.jp2)
  22. 5.3 シミュレーション手法について / p101 (0054.jp2)
  23. 5.4 実施設に適用するための配置 / p101 (0054.jp2)
  24. 付録-1 モデル施設のシミュレーション諸元とシミュレーション結果 / 付-1 / (0055.jp2)
  25. 付録-2 σMUFの計算の方法と統計学的検定との関係 / 付-21 / (0065.jp2)
  26. 付録-3 ニア・リアルタイム計量管理(NRTA)の概要 / 付-29 / (0069.jp2)
  27. 付録-4 Solution Monitoring(溶液モニタリング)の概要 / 付-37 / (0073.jp2)
  28. 参考文献 / 参-1 / (0078.jp2)
  29. 用語の解説 / 用-1 / (0081.jp2)
  30. 謝辞 / (0101.jp2)
6アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174164
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174440
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338478
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ