【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Accumulation of N[e]-(Carboxymethyl) lysine and changes in glomerular extracellular matrix components in Otsuka long-evans Tokushima fatty rat : a model of spontaneous NIDDM 自然発症インスリン非依存性糖尿病モデルOtuka Long-Evans Tokushima Fatty Ratにおけるカルボキシメチルリジンの蓄積と糸球体細胞外基質構成成分の変化

この論文をさがす

著者

    • 久代, 昌彦 クシロ, マサヒコ

書誌事項

タイトル

Accumulation of N[e]-(Carboxymethyl) lysine and changes in glomerular extracellular matrix components in Otsuka long-evans Tokushima fatty rat : a model of spontaneous NIDDM

タイトル別名

自然発症インスリン非依存性糖尿病モデルOtuka Long-Evans Tokushima Fatty Ratにおけるカルボキシメチルリジンの蓄積と糸球体細胞外基質構成成分の変化

著者名

久代, 昌彦

著者別名

クシロ, マサヒコ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士(医学)

学位授与番号

乙第3292号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174326
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174602
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338640
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ