【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ペプチド性医薬品の消化管吸収性の評価と予測

この論文をさがす

著者

    • 多喜, 陽子 タキ, ヨウコ

書誌事項

タイトル

ペプチド性医薬品の消化管吸収性の評価と予測

著者名

多喜, 陽子

著者別名

タキ, ヨウコ

学位授与大学

岡山大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

乙第3339号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 総論の部 / p1 (0004.jp2)
  3. 緒言 / p1 (0004.jp2)
  4. 第I章 小腸血管灌流法を用いたペプチド性医薬品の消化管内挙動の解析 / p3 (0005.jp2)
  5. I-1 小腸血管灌流法の妥当性の確認 / p4 (0006.jp2)
  6. I-2 Metkephamidの消化管吸収性の評価 / p7 (0007.jp2)
  7. I-3 クリアランス理論に基づく吸収過程の速度論的解析 / p12 (0010.jp2)
  8. I-4 考察 / p15 (0011.jp2)
  9. 第II章 肝灌流法を用いたペプチド性医薬品の肝初回通過代謝の検討 / p18 (0013.jp2)
  10. II-1 ペプチド性医薬品の肝抽出率の算出 / p19 (0013.jp2)
  11. II-2 MKAのtotal bioavailabilityの算出 / p24 (0016.jp2)
  12. II-3 考察 / p27 (0017.jp2)
  13. 第III章 In vitro実験法を用いたペプチド性医薬品の消化管吸収性の予測 / p29 (0018.jp2)
  14. III-1 新規吸収モデル式の構築 / p29 (0018.jp2)
  15. III-2 膜透過クリアランスの測定に用いるモデル膜の選定 / p32 (0020.jp2)
  16. III-3 Caco-2単層膜を用いたペプチドの膜透過クリアランスの評価 / p39 (0023.jp2)
  17. III-4 In vitro実験からの分解クリアランスの評価 / p43 (0025.jp2)
  18. III-5 In vitro実験からのペプチドの吸収性の予測 / p45 (0026.jp2)
  19. III-6 各消化管粘膜における蛋白分解酵素の活性と分布 / p48 (0028.jp2)
  20. 結論 / p55 (0031.jp2)
  21. 謝辞 / p58 (0033.jp2)
  22. 実験の部 / p59 (0033.jp2)
  23. 第I章 実験の部 / p59 (0033.jp2)
  24. 第II章 実験の部 / p62 (0035.jp2)
  25. 第III章 実験の部 / p65 (0036.jp2)
  26. 引用文献 / p73 (0040.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174373
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174649
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338687
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ