【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

建築構造用590N/mm[2]級高張力鋼を用いた柱梁接合部における構造性能に関する実験的研究

この論文をさがす

著者

    • 市川, 祐一 イチカワ, ユウイチ

書誌事項

タイトル

建築構造用590N/mm[2]級高張力鋼を用いた柱梁接合部における構造性能に関する実験的研究

著者名

市川, 祐一

著者別名

イチカワ, ユウイチ

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第167号

学位授与年月日

1999-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0005.jp2)
  3. 1.1 本研究の背景および目的 / p1 (0005.jp2)
  4. 1.2 既往の研究 / p3 (0006.jp2)
  5. 1.3 本論文の構成 / p5 (0007.jp2)
  6. 第2章 溶接部近傍の材料特性および梁端部の力学的性能 / (0008.jp2)
  7. 2.1 はじめに / p6 (0009.jp2)
  8. 2.2 鋼材および溶接部の材料特性 / p7 (0010.jp2)
  9. 2.3 材料試験結果 / p12 (0012.jp2)
  10. 2.4 実大十字実験 / p23 (0018.jp2)
  11. 2.5 まとめ / p41 (0027.jp2)
  12. 第3章 梁端ディテールが柱梁接合部の力学的性能に及ぼす影響 / (0027.jp2)
  13. 3.1 はじめに / p42 (0028.jp2)
  14. 3.2 実験概要 / p43 (0029.jp2)
  15. 3.3 実験結果 / p51 (0033.jp2)
  16. 3.4 実験パラメータの影響 / p82 (0048.jp2)
  17. 3.5 まとめ / p87 (0051.jp2)
  18. 第4章 材料特性が柱梁接合部の破壊に及ぼす影響 / (0051.jp2)
  19. 4.1 はじめに / p88 (0052.jp2)
  20. 4.2 材料特性と変形能力の関係 / p89 (0053.jp2)
  21. 4.3 繰返し塑性歪を受けた鋼材の材料特性の変化 / p93 (0055.jp2)
  22. 4.4 まとめ / p97 (0057.jp2)
  23. 第5章 結論 / p98 (0058.jp2)
  24. 謝辞 / p101 (0061.jp2)
  25. 参考文献 / p102 (0062.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174402
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174678
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338716
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ