【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

移動通信における16値振幅位相変調方式の信号点配置と最適受信に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 町田, 正信 マチダ, マサノブ

書誌事項

タイトル

移動通信における16値振幅位相変調方式の信号点配置と最適受信に関する研究

著者名

町田, 正信

著者別名

マチダ, マサノブ

学位授与大学

信州大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第180号

学位授与年月日

1999-03-20

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 1 序論 / p3 (0006.jp2)
  3. 1.1 研究の背景と目的 / p3 (0006.jp2)
  4. 1.2 本論文の概要 / p7 (0008.jp2)
  5. 2 (4,12)型同心円信号点配置のSER特性 / p11 (0010.jp2)
  6. 2.1 緒言 / p11 (0010.jp2)
  7. 2.2 (4,12)型QAMの特徴 / p11 (0010.jp2)
  8. 2.3 絶対同期検波におけるSER特性 / p14 (0012.jp2)
  9. 2.4 振幅包絡線/位相同期検波におけるSER特性 / p21 (0015.jp2)
  10. 2.5 振幅包絡線/位相遅延検波におけるSER特性 / p28 (0019.jp2)
  11. 2.6 結言 / p37 (0023.jp2)
  12. 3 (4,12)型同心円信号点配置のコード割当て / p41 (0025.jp2)
  13. 3.1 緒言 / p41 (0025.jp2)
  14. 3.2 コード割当ての提案 / p41 (0025.jp2)
  15. 3.3 BERの導出 / p42 (0026.jp2)
  16. 3.4 リング比と振幅判定スレショルドの最適化 / p45 (0027.jp2)
  17. 3.5 BER特性 / p46 (0028.jp2)
  18. 3.6 結言 / p49 (0029.jp2)
  19. 4 M値APSKにおける多シンボル遅延検波 / p53 (0031.jp2)
  20. 4.1 緒言 / p53 (0031.jp2)
  21. 4.2 多シンボル遅延検波の概要 / p54 (0032.jp2)
  22. 4.3 M値APSKの系列推定メトリック式の導出 / p57 (0033.jp2)
  23. 4.4 AWGN伝送路におけるSER特性 / p62 (0036.jp2)
  24. 4.5 雑音電力値推定に伴うSER特性の感受性 / p68 (0039.jp2)
  25. 4.6 独立推定法による多シンボル遅延検波 / p69 (0039.jp2)
  26. 4.7 フェージング伝送路における受信特性 / p77 (0043.jp2)
  27. 4.8 (4,12)型QAMの振幅多シンボル遅延/位相遅延検波方式 / p82 (0046.jp2)
  28. 4.9 その他のメトリック式によるSER特性 / p87 (0048.jp2)
  29. 4.10 結言 / p88 (0049.jp2)
  30. 5 多シンボル遅延検波における探索パス削減法 / p93 (0051.jp2)
  31. 5.1 緒言 / p93 (0051.jp2)
  32. 5.2 Mアルゴリズムの適用 / p93 (0051.jp2)
  33. 5.3 (M,L)アルゴリズムの適用 / p98 (0054.jp2)
  34. 5.4 結言 / p106 (0058.jp2)
  35. 6 結論 / p111 (0060.jp2)
  36. 謝辞 / p115 (0062.jp2)
  37. 本研究に関する学術論文 / p117 (0063.jp2)
  38. 参考文献 / p118 (0064.jp2)
  39. A 付録 / p123 (0066.jp2)
  40. A.1 (4,12)型QAMの絶対同期検波におけるSER導出の詳細 / p123 (0066.jp2)
  41. A.2 SER導出式の近似精度 / p135 (0072.jp2)
  42. A.3 スターQAMの絶対同期検波におけるSER導出の詳細 / p137 (0073.jp2)
  43. A.4 (4,12)型QAMの振幅包絡線/位相同期検波におけるSER導出の詳細 / p142 (0076.jp2)
  44. A.5 (4,12)型QAMの振幅包絡線/位相遅延検波におけるSER導出の詳細 / p145 (0077.jp2)
  45. A.6 MAPSKの尤度関数導出の詳細 / p151 (0080.jp2)
1アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174415
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174691
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338729
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ