【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

表現としての身体 : メルロ=ポンティ哲学研究

この論文をさがす

著者

    • 末次, 弘 スエツグ, ヒロシ

書誌事項

タイトル

表現としての身体 : メルロ=ポンティ哲学研究

著者名

末次, 弘

著者別名

スエツグ, ヒロシ

学位授与大学

東洋大学

取得学位

博士(文学)

学位授与番号

乙第110号

学位授与年月日

1999-03-15

注記・抄録

博士論文

1998

目次

  1. 目次 / (0002.jp2)
  2. 第一部 身体-知覚と生きられる世界 / p3 (0006.jp2)
  3. 第一章 メルロ=ポンティとデカルト的コギト / p5 (0007.jp2)
  4. 第一節 デカルト的コギトにたいするメルロ=ポンティの批判的検討 / p6 (0008.jp2)
  5. 一 従来のコギト解釈 / p6 (0008.jp2)
  6. ニ コギトと外的知覚 / p6 (0008.jp2)
  7. 三 コギトと内的知覚 / p7 (0008.jp2)
  8. 四 コギトと悟性、または理性 / p8 (0009.jp2)
  9. 第二節 デカルト的コギトについてのメルロ=ポンティの解釈 / p11 (0010.jp2)
  10. 一 語られたコギト / p11 (0010.jp2)
  11. 二 黙せるコギトとは何か / p13 (0011.jp2)
  12. 三 前期メルロ=ポンティ哲学の根本問題 / p15 (0012.jp2)
  13. 第二章 メルロ=ポンティにおける身体論の方向 / p19 (0014.jp2)
  14. 第一節「自分の身体」 / p19 (0014.jp2)
  15. 一「自分の身体」と対自存在としての身体 / p19 (0014.jp2)
  16. 二 サルトルの身体論とメルロ=ポンティの身体論の分岐点 / p21 (0015.jp2)
  17. 第二節 行動の構造 / p26 (0018.jp2)
  18. 一 行動と実存 / p26 (0018.jp2)
  19. 二 物理的秩序、生命的秩序、人間的秩序 / p31 (0020.jp2)
  20. 三 メルロ=ポンティにおける身体論の存在論的枠組 / p35 (0022.jp2)
  21. 第三章 メルロ=ポンティにおける身体論 / p39 (0024.jp2)
  22. 第一節 生理的なものと心的なもの / p40 (0025.jp2)
  23. 一 病的身体運動の分析I / p40 (0025.jp2)
  24. 二 病的身体運動の分析II / p43 (0026.jp2)
  25. 第二節 意味の生誕地としての身体 / p48 (0029.jp2)
  26. 一 病的身体運動についてのメルロ=ポンティの分析 / p48 (0029.jp2)
  27. ニ メルロ=ポンティにおける身体論の核心 / p51 (0030.jp2)
  28. 第四章 黙せるコギト、あるいは知覚すること / p55 (0032.jp2)
  29. 第一節 知覚的綜合の基本構造 / p56 (0033.jp2)
  30. 一 いわゆる「感覚」から知覚へ還帰すること / p56 (0033.jp2)
  31. 二 知覚的綜合における統一の問題 / p60 (0035.jp2)
  32. 第二節 知覚主体の両義性 / p64 (0037.jp2)
  33. 一 知覚の匿名性 / p64 (0037.jp2)
  34. 二 知覚的綜合と時間性 / p66 (0038.jp2)
  35. 三 近代的意識概念の解体 / p69 (0039.jp2)
  36. 第五章 黙せるコギト、あるいは世界への内属 / p75 (0042.jp2)
  37. 第一節 幾何学的空間 / p75 (0042.jp2)
  38. 一 上と下 / p76 (0043.jp2)
  39. 二 奥行き / p79 (0044.jp2)
  40. 第二節 生きられる空間 / p84 (0047.jp2)
  41. 一 夢の空間 / p84 (0047.jp2)
  42. 二 神話的空間 / p87 (0048.jp2)
  43. 三 分裂病者の空間 / p88 (0049.jp2)
  44. 四 根源的空間性 / p89 (0049.jp2)
  45. 第三節 知覚される世界の基本構造 / p91 (0050.jp2)
  46. 一 物 / p92 (0051.jp2)
  47. 二 自然的世界 / p93 (0051.jp2)
  48. 三 人間的世界 / p95 (0052.jp2)
  49. 第六章 知覚の優位性 / p97 (0053.jp2)
  50. 第一節 デカルト的コギトとサルトル / p98 (0054.jp2)
  51. 一 コギトの非孤立的把握 / p98 (0054.jp2)
  52. 二 非実体的総体としての意識把握 / p100 (0055.jp2)
  53. 第二節 知覚理論としての黙せるコギト論 / p104 (0057.jp2)
  54. 一 近代的身体概念の解体 / p104 (0057.jp2)
  55. 二 近代的意識概念の解体 / p107 (0058.jp2)
  56. 三 知覚主体の世界への内属 / p110 (0060.jp2)
  57. 第三節 デカルト的コギトとメルロ=ポンティ / p112 (0061.jp2)
  58. 一 デカルト的二元論の克服 / p112 (0061.jp2)
  59. 二〈自己〉と世界とに通底する自然 / p115 (0062.jp2)
  60. 第二部 身体-言語と表現の世界 / p119 (0064.jp2)
  61. 第一章『知覚の現象学』における言語論 / p125 (0067.jp2)
  62. 一『知覚の現象学』における言語論をどのような仕方で読むか / p125 (0067.jp2)
  63. 二 表現の経験 / p126 (0068.jp2)
  64. 三 表現についての科学 / p132 (0071.jp2)
  65. 四『知覚の現象学』における言語理解 / p139 (0074.jp2)
  66. 五 前期メルロ=ポンティ哲学における言語論の特徴 / p144 (0077.jp2)
  67. 第二章 言語学と現象学 / p149 (0079.jp2)
  68. 第一節 メルロ=ポンティと言語学 / p149 (0079.jp2)
  69. 一 言語学との出会い / p149 (0079.jp2)
  70. 二 プラーグ学派の言語学者 / p153 (0081.jp2)
  71. 三「意識と言語の獲得」におけるソシュール理解 / p158 (0084.jp2)
  72. 第二節 ソシュール言語学とメルロ=ポンティ / p162 (0086.jp2)
  73. 一 現象学と言語学 / p163 (0086.jp2)
  74. 二 メルロ=ポンティにおけるソシュール言語学の捉え直し / p167 (0088.jp2)
  75. 三 パロールと表現 / p171 (0090.jp2)
  76. 四 言語の驚異 / p176 (0093.jp2)
  77. 五 中期メルロ=ポンティの言語論とソシュール言語学 / p180 (0095.jp2)
  78. 第三章 絵画論と言語論 / p185 (0097.jp2)
  79. 第一節 沈黙の声としての絵画論 / p185 (0097.jp2)
  80. 一 絵画との比較可能性 / p185 (0097.jp2)
  81. 二 創造的表現 / p188 (0099.jp2)
  82. 第二節 絵画と言語との比較 / p198 (0104.jp2)
  83. 一 絵画と言語との共通性 / p198 (0104.jp2)
  84. 二 絵画と言語との差異 / p202 (0106.jp2)
  85. 三 言語の根源的な機能 / p205 (0107.jp2)
  86. 第四章 他者知覚とコミュニケーション / p209 (0109.jp2)
  87. 第一節『知覚の現象学』における他者論 / p209 (0109.jp2)
  88. 一 他者論への導入 / p209 (0109.jp2)
  89. 二 他者についてのメルロ=ポンティの考え / p212 (0111.jp2)
  90. 第二節『知覚の現象学』以降の他者論 / p217 (0113.jp2)
  91. 一「ソルボンヌ講義」と他者論 / p217 (0113.jp2)
  92. 二『世界の散文』における他者論 / p222 (0116.jp2)
  93. 第三節 コミュニケーション / p223 (0116.jp2)
  94. 一 前コミュニケーション / p224 (0117.jp2)
  95. 二 対話 / p228 (0119.jp2)
  96. 三 他者論から言語の問題へ / p232 (0121.jp2)
  97. 結語 / p239 (0124.jp2)
  98. 文献表 / p247 (0128.jp2)
25アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174503
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174779
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000338817
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ