【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

Substance Pの瘙痒発生作用の機序に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 安東, 嗣修 アンドウ, ノブツグ

書誌事項

タイトル

Substance Pの瘙痒発生作用の機序に関する研究

著者名

安東, 嗣修

著者別名

アンドウ, ノブツグ

学位授与大学

富山医科薬科大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第343号

学位授与年月日

1999-03-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 緒言 / p1 (0006.jp2)
  3. 背景 / p3 (0008.jp2)
  4. 第1編 Substance Pによる瘙痒動物モデル / p8 (0013.jp2)
  5. 第1章 Substance Pの皮内注射による掻き動作惹起作用 / p9 (0014.jp2)
  6. 1.実験材料並びに実験方法 / p10 (0015.jp2)
  7. 2.実験結果 / p11 (0016.jp2)
  8. 3.考察 / p14 (0019.jp2)
  9. 第2章 Substance P誘発掻き動作の性質 / p16 (0021.jp2)
  10. 1.実験材料並びに実験方法 / p18 (0023.jp2)
  11. 2.実験結果 / p20 (0025.jp2)
  12. 3.考察 / p25 (0030.jp2)
  13. 第3章 Substance Pの掻き動作惹起作用におけるマスト細胞の関与 / p28 (0033.jp2)
  14. 1.実験材料並びに実験方法 / p29 (0034.jp2)
  15. 2.実験結果 / p30 (0035.jp2)
  16. 3.考察 / p33 (0038.jp2)
  17. 第4章 Substance Pの掻き動作惹起作用におけるtachykinin受容体の関与 / p35 (0040.jp2)
  18. 1.実験材料並びに実験方法 / p36 (0041.jp2)
  19. 2.実験結果 / p37 (0042.jp2)
  20. 3.考察 / p40 (0045.jp2)
  21. 小括 / p41 (0046.jp2)
  22. 第2編 Substance P誘発瘙痒の発生機序 / p42 (0047.jp2)
  23. 第1章 Substance Pの一次求心線維への直接作用について / p43 (0048.jp2)
  24. 1.実験材料並びに実験方法 / p44 (0049.jp2)
  25. 2.実験結果 / p50 (0055.jp2)
  26. 3.考察 / p55 (0060.jp2)
  27. 第2章 Substance P誘発掻き動作へのleukotriene B₄の関与 / p57 (0062.jp2)
  28. 1.実験材料並びに実験方法 / p58 (0063.jp2)
  29. 2.実験結果 / p61 (0066.jp2)
  30. 3.考察 / p79 (0084.jp2)
  31. 第3章 Substance P誘発掻き動作への一酸化窒素の関与 / p84 (0089.jp2)
  32. 1.実験材料並びに実験方法 / p85 (0090.jp2)
  33. 2.実験結果 / p89 (0094.jp2)
  34. 3.考察 / p108 (0113.jp2)
  35. 小括 / p111 (0116.jp2)
  36. 総括 / p113 (0118.jp2)
  37. 謝辞 / p114 (0119.jp2)
  38. 参考文献 / p115 (0120.jp2)
  39. 発表論文目録 / p135 (0140.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174549
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174826
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338863
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ