【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

5-S-Glutathionyl-β-alanyl-L-dopaアナローグによる非受容体型チロシンキナーゼ選択的阻害活性

この論文をさがす

著者

    • 鄭, 哲彬 ツン, ズビン

書誌事項

タイトル

5-S-Glutathionyl-β-alanyl-L-dopaアナローグによる非受容体型チロシンキナーゼ選択的阻害活性

著者名

鄭, 哲彬

著者別名

ツン, ズビン

学位授与大学

富山医科薬科大学

取得学位

博士(薬学)

学位授与番号

甲第348号

学位授与年月日

1999-03-10

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0004.jp2)
  2. 序論 / p1 (0009.jp2)
  3. 序言 / p2 (0010.jp2)
  4. 蛋白質のリン酸化について / p4 (0012.jp2)
  5. チロシンキナーゼについて / p5 (0013.jp2)
  6. Srcチロシンキナーゼ / p9 (0017.jp2)
  7. チロシンキナーゼ阻害剤 / p12 (0020.jp2)
  8. チロシンキナーゼ阻害剤5-S-GA-ʟ-D / p16 (0024.jp2)
  9. 本論 / p18 (0026.jp2)
  10. 第一章 5-S-GA-ʟ-D及びアナローグの合成 / p18 (0026.jp2)
  11. b-Alanyl-L-dopaの合成及び分離精製 / p19 (0027.jp2)
  12. 5-S-GA-ʟ-Dの合成及び分離精製 / p20 (0028.jp2)
  13. 5-S-GA-ʟ-Dアナローグの合成及び分離精製 / p22 (0030.jp2)
  14. 第二章 Srcチロシンキナーゼアッセイ方法 / p25 (0033.jp2)
  15. v-Src自己リン酸化アッセイ方法 / p27 (0035.jp2)
  16. c-Src基質リン酸化アッセイ方法 / p29 (0037.jp2)
  17. 第三章 Srcチロシンキナーゼ阻害結果 / p32 (0040.jp2)
  18. v-Src自己リン酸化アッサイ結果 / p33 (0041.jp2)
  19. c-Src基質リン酸化アッセイ結果 / p35 (0043.jp2)
  20. 5-S-GaDa(18)の阻害様式の検討 / p36 (0044.jp2)
  21. 5-S-CysDA(25)の阻害様式の検討 / p38 (0046.jp2)
  22. 構造活性相関の検討 / p39 (0047.jp2)
  23. 第四章 Lck,V-Abl,EGFRのリン酸化反応に対する阻害活性 / p41 (0049.jp2)
  24. Lckの基質リン酸化に対するアッセイ結果 / p42 (0050.jp2)
  25. v-Ablの基質リン酸化に対するアッセイ結果 / p43 (0051.jp2)
  26. EGFRの基質リン酸化アッセイ方法 / p44 (0052.jp2)
  27. EGFRの基質リン酸化アッセイ結果 / p45 (0053.jp2)
  28. 第五章 脂溶性アナローグの合成 / p47 (0055.jp2)
  29. 第六章 脂溶性アナローグのチロシンキナーゼ阻害活性 / p50 (0058.jp2)
  30. 第七章 5-S-GA-ʟ-Dの破骨細胞と腫瘍細胞に対する阻害活性 / p53 (0061.jp2)
  31. 5-S-GA-ʟ-Dの破骨細胞に対する阻害活性 / p54 (0062.jp2)
  32. 5-S-GA-ʟ-Dの腫瘍細胞に対する阻害活性 / p55 (0063.jp2)
  33. まとめ / p56 (0064.jp2)
  34. 実験の部 / p63 (0071.jp2)
  35. 参考文献 / p84 (0092.jp2)
  36. 謝辞 / p91 (0099.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174554
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174831
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338868
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ