【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

表面部分塑性加工による構造用鋼切欠き材の疲労強度の向上

この論文をさがす

著者

    • 王, 生武 オウ, セイブ

書誌事項

タイトル

表面部分塑性加工による構造用鋼切欠き材の疲労強度の向上

著者名

王, 生武

著者別名

オウ, セイブ

学位授与大学

佐賀大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第104号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0004.jp2)
  3. 1.1 研究目的 / p1 (0004.jp2)
  4. 1.2 本研究の背景 / p5 (0006.jp2)
  5. 1.3 切欠き材疲労強度に及ぼす材料的および力学的要囚 / p8 (0008.jp2)
  6. 1.4 加工硬化と疲労き裂の閉口効果 / p30 (0019.jp2)
  7. 1.5 研究内容と本論本の構成 / p32 (0020.jp2)
  8. 参考文献 / p33 (0020.jp2)
  9. 第2章 環状切欠き丸棒材の疲労強度の向上 / p37 (0022.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p37 (0022.jp2)
  11. 2.2 実験方法 / p37 (0022.jp2)
  12. 2.3 ローラ加工による疲労強度の向上 / p49 (0028.jp2)
  13. 2.4 疲労強度向上の原因 / p53 (0030.jp2)
  14. 2.5 切欠き材疲労強度に及ぼす塑性加量の影響 / p65 (0036.jp2)
  15. 2.6 ローラ加工法の段付き切欠き材疲疲労強度向上への適用 / p74 (0041.jp2)
  16. 2.7 結言 / p78 (0043.jp2)
  17. 参考文献 / p80 (0044.jp2)
  18. 第3章 中央円孔切欠き平板材の疲労強度の向上 / p81 (0044.jp2)
  19. 3.1 緒言 / p81 (0044.jp2)
  20. 3.2 実験方法 / p81 (0044.jp2)
  21. 3.3 プレス加工による疲労強度の向上 / p92 (0050.jp2)
  22. 3.4 疲労強度向上の原因 / p101 (0054.jp2)
  23. 3.5 結言 / p107 (0057.jp2)
  24. 参考文献 / p108 (0058.jp2)
  25. 第4章 小穴切欠き丸棒材の疲労強度の向上 / p109 (0058.jp2)
  26. 4.1 緒言 / p109 (0058.jp2)
  27. 4.2 プレス加工法と小穴切欠き材疲労強度の向上 / p109 (0058.jp2)
  28. 4.3 結言 / p117 (0062.jp2)
  29. 参考文献 / p118 (0063.jp2)
  30. 第5章 結論 / p119 (0063.jp2)
  31. 今後の課題 / p121 (0064.jp2)
  32. 謝辞 / p123 (0065.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174606
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174883
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000338920
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ