【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

偏波直交性を用いた高速直交周波数多重ディジタル変調方式に関する研究 ヘンパ チョッコウセイ オ モチイタ コウソク チョッコウ シュウハスウ タジュウ ディジタル ヘンチョウ ホウシキ ニ カンスル ケンキュウ

この論文をさがす

著者

    • 須増, 淳 スマス, アツシ

書誌事項

タイトル

偏波直交性を用いた高速直交周波数多重ディジタル変調方式に関する研究

タイトル別名

ヘンパ チョッコウセイ オ モチイタ コウソク チョッコウ シュウハスウ タジュウ ディジタル ヘンチョウ ホウシキ ニ カンスル ケンキュウ

著者名

須増, 淳

著者別名

スマス, アツシ

学位授与大学

奈良先端科学技術大学院大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第59号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. Abstract / p3 (0005.jp2)
  2. 目次 / p5 (0006.jp2)
  3. 1 序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1.フェージング対策技術 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2.OFDMの歴史 / p3 (0010.jp2)
  6. 1.3.OFDMの問題点 / p4 (0011.jp2)
  7. 1.4.直交偏波を用いたOFDM / p5 (0011.jp2)
  8. 1.5.OFDMにおける周波数同期 / p5 (0011.jp2)
  9. 1.6.本論文の構成 / p6 (0012.jp2)
  10. 2 直交周波数多重(OFDM)方式 / p9 (0013.jp2)
  11. 2.1.序言 / p9 (0013.jp2)
  12. 2.2.マルチパス伝搬路 / p10 (0014.jp2)
  13. 2.3.直交周波数多重(OFDM)方式 / p18 (0018.jp2)
  14. 2.4.従来の周波数同期方式 / p30 (0024.jp2)
  15. 2.5.結言 / p39 (0028.jp2)
  16. 3 偏波直交性を用いた直交周波数多重(OPFDM)方式 / p41 (0029.jp2)
  17. 3.1.序言 / p41 (0029.jp2)
  18. 3.2.偏波直交性を用いた直交周波数多重(OPFDM)方式の原理 / p42 (0030.jp2)
  19. 3.3.ランダムFMによる隣接サブチャネル干渉 / p48 (0033.jp2)
  20. 3.4.解析結果 / p53 (0035.jp2)
  21. 3.5.結言 / p58 (0038.jp2)
  22. 4 半シンボル遅延相関を使用した周波数同期(HSD-OPFDM)方式 / p59 (0038.jp2)
  23. 4.1.序言 / p59 (0038.jp2)
  24. 4.2.半シンボル遅延相関を使用した周波数同期方式の原理 / p60 (0039.jp2)
  25. 4.3.提案方式のビット誤り率特性 / p63 (0040.jp2)
  26. 4.4.結言 / p71 (0044.jp2)
  27. 5 結論 / p73 (0045.jp2)
  28. 謝辞 / p75 (0046.jp2)
  29. 参考文献 / p77 (0047.jp2)
  30. 研究業績 / p85 (0051.jp2)
0アクセス

キーワード

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174716
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000174993
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000339030
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ