【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

ニワトリ網膜、水晶体の形態形成の過程における胚誘導とホメオボックス遺伝子Sgx-1の役割 ニワトリ モウマク スイショウタイ ノ ケイタイ ケイセイ ノ カテイ ニ オケル ハイ ユウドウ ト ホメオボックス イデンシ Sgx-1 ノ ヤクワリ

この論文をさがす

著者

    • 百瀬, 剛 モモセ, ツヨシ

書誌事項

タイトル

ニワトリ網膜、水晶体の形態形成の過程における胚誘導とホメオボックス遺伝子Sgx-1の役割

タイトル別名

ニワトリ モウマク スイショウタイ ノ ケイタイ ケイセイ ノ カテイ ニ オケル ハイ ユウドウ ト ホメオボックス イデンシ Sgx-1 ノ ヤクワリ

著者名

百瀬, 剛

著者別名

モモセ, ツヨシ

学位授与大学

奈良先端科学技術大学院大学

取得学位

博士(バイオサイエンス)

学位授与番号

甲第73号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p2 (0003.jp2)
  2. 第一部 / p4 (0005.jp2)
  3. Introduction / p5 (0006.jp2)
  4. Materials and methods / p7 (0008.jp2)
  5. Plasmid Constructs / p7 (0008.jp2)
  6. Electroporation / p7 (0008.jp2)
  7. Histological analysis / p8 (0009.jp2)
  8. Time-course detection of transgene / p8 (0009.jp2)
  9. Results / p9 (0010.jp2)
  10. Site-restricted expression of the transgene introduced into chicken embryos / p9 (0010.jp2)
  11. Tissue specificity of the transgene expression / p15 (0016.jp2)
  12. The expression level of a transgene is concentration-dependent / p17 (0018.jp2)
  13. Timing of the expression of transgenes / p19 (0020.jp2)
  14. Discussion / p21 (0022.jp2)
  15. 第二部 / p25 (0026.jp2)
  16. 序論 / p26 (0027.jp2)
  17. 生物の複雑な体制の構築 / p26 (0027.jp2)
  18. 胚誘導とモデルシステムとしての眼 / p27 (0028.jp2)
  19. 眼の発生 / p28 (0029.jp2)
  20. 網膜における初期の誘導 / p31 (0032.jp2)
  21. 神経性網膜-網膜色素上皮極性の確立と維持 / p33 (0034.jp2)
  22. 網膜の分化に関わる既知のシグナル分子 / p34 (0035.jp2)
  23. Sgx-1の同定とその特異的な発現 / p36 (0037.jp2)
  24. 材料と方法 / p38 (0039.jp2)
  25. Sgx-1遺伝子のクローニング / p38 (0039.jp2)
  26. ニワトリ胚の操作 / p38 (0039.jp2)
  27. 予定水晶体外胚葉除去 / p38 (0039.jp2)
  28. エレクトロポレーション / p39 (0040.jp2)
  29. プラスミド / p39 (0040.jp2)
  30. In situハイブリダイゼーションとプローブ / p41 (0042.jp2)
  31. 神経性網膜細胞の初代培養とレポーターアッセイ / p41 (0042.jp2)
  32. 抗体染色 / p43 (0044.jp2)
  33. 結果 / p44 (0045.jp2)
  34. Sgx-1の構造と転写抑制因子としての機能 / p44 (0045.jp2)
  35. Sgx-1の水晶体プラコード、眼胞での発現解析 / p46 (0047.jp2)
  36. Sgx-1の強制発現による異所的眼杯、水晶体の誘導 / p49 (0050.jp2)
  37. 導入したSgx-1のパターンと眼杯の重複の位置関係 / p53 (0054.jp2)
  38. 眼杯の形成(陥入)と神経性網膜の特異化の過程での水晶体プラコードの役割 / p58 (0059.jp2)
  39. Sgx-1は水晶体プラコード非存在下で眼胞で発現する / p66 (0067.jp2)
  40. Sgx-1は転写抑制活性をもつ転写因子である / p68 (0069.jp2)
  41. Sgx-1の眼胞における発現は眼杯と水晶体の形成に必要である。 / p68 (0069.jp2)
  42. 考察 / p72 (0072.jp2)
  43. 水晶体プラコードは眼杯の陥入と神経性網膜の分化に必要である / p72 (0072.jp2)
  44. Sgx-1は水晶体と眼杯の肥厚陥入に伴って発現する / p73 (0073.jp2)
  45. Sgx-1は水晶体の誘導を制御する / p73 (0073.jp2)
  46. Sgx-1の網膜分化に対する役割 / p75 (0075.jp2)
  47. Sgx-1の表面外胚葉での発現は眼胞の陥入に十分であるが、眼胞でのSgx-1だけでは眼杯の陥入を引き起こすことができない。 / p76 (0076.jp2)
  48. Sgx-1の発現調節 / p77 (0077.jp2)
  49. 網膜と水晶体誘導のモデル / p77 (0077.jp2)
  50. 現時点で判っていないこと:シグナルの由来と行き先 / p78 (0078.jp2)
  51. 謝辞 / p82 (0082.jp2)
  52. 引用文献 / p83 (0083.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174730
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175007
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000339044
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ