【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

6/4黄銅平板におけるき裂進展速度の荷重繰り返し速度依存性に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 林, 海 リン, ハイ

書誌事項

タイトル

6/4黄銅平板におけるき裂進展速度の荷重繰り返し速度依存性に関する研究

著者名

林, 海

著者別名

リン, ハイ

学位授与大学

東海大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第379号

学位授与年月日

1999-03-24

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 使用記号一覧 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 序論 / p1 (0008.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p2 (0009.jp2)
  5. 1.2 第2領域進展則について / p4 (0011.jp2)
  6. 1.3 da/dNに及ぼす繰返し速度の影響に関する今までの研究 / p6 (0013.jp2)
  7. 1.4 Paris則の指数mの変化について / p13 (0020.jp2)
  8. 1.5 本研究の目的 / p14 (0021.jp2)
  9. 1.6 本研究の概要 / p16 (0023.jp2)
  10. 参考文献 / p20 (0027.jp2)
  11. 第2章 実験方法 / p22 (0029.jp2)
  12. 2.1 供試材 / p23 (0030.jp2)
  13. 2.2 試験片 / p24 (0031.jp2)
  14. 2.3 実験装置 / p29 (0036.jp2)
  15. 2.4 実験方法 / p33 (0040.jp2)
  16. 2.5 データ処理法 / p34 (0041.jp2)
  17. 2.6 顕微鏡検査 / p35 (0042.jp2)
  18. 2.7 結言 / p36 (0043.jp2)
  19. 参考文献 / p37 (0044.jp2)
  20. 第3章 R=0.11の場合におけるき裂進展速度に及ぼす繰返し速度の影響および考察 / p38 (0045.jp2)
  21. 3.1 緒言 / p39 (0046.jp2)
  22. 3.2 実験方法 / p40 (0047.jp2)
  23. 3.3 R=0.11の場合におけるき裂進展速度に及ぼす繰返し速度の影響 / p40 (0047.jp2)
  24. 3.4 荷重感受性実験 / p52 (0059.jp2)
  25. 3.5 R=0.11の場合におけるき裂進展速度に及ぼす繰返し速度の影響についての考察 / p53 (0060.jp2)
  26. 3.6 結言 / p65 (0072.jp2)
  27. 参考文献 / p67 (0074.jp2)
  28. 第4章 R=0.02の場合におけるき裂進展速度に及ぼす繰返し速度の影響および考察 / p70 (0077.jp2)
  29. 4.1 目的 / p71 (0078.jp2)
  30. 4.2 実験方法 / p71 (0078.jp2)
  31. 4.3 R=0.02の場合におけるき裂進展速度に及ぼす繰返し速度の影響 / p71 (0078.jp2)
  32. 4.4 R=0.02の場合におけるき裂進展速度に及ぼす繰返し速度の影響についての考察 / p80 (0087.jp2)
  33. 4.5 R=0.11とR=0.02の場合との比較 / p82 (0089.jp2)
  34. 4.6 R=0.11とR=0.02におけるき裂進展速度の相違について / p83 (0090.jp2)
  35. 4.7 結言 / p85 (0092.jp2)
  36. 参考文献 / p87 (0094.jp2)
  37. 第5章 Paris則におけるm値の変化現象 / p88 (0095.jp2)
  38. 5.1 緒言 / p89 (0096.jp2)
  39. 5.2 m値の変化条件について / p89 (0096.jp2)
  40. 5.3 結言 / p95 (0102.jp2)
  41. 参考文献 / p96 (0103.jp2)
  42. 第6章 破壊分析(フラクトグラフィー) / p97 (0104.jp2)
  43. 6.1 緒言 / p98 (0105.jp2)
  44. 6.2 疲労破壊の破面観察 / p98 (0105.jp2)
  45. 6.3 き裂輪郭よりフラクトグラフィー観察 / p101 (0108.jp2)
  46. 参考文献 / p107 (0114.jp2)
  47. 第7章 結論 / p109 (0116.jp2)
  48. 7.1 本研究の成果 / p110 (0117.jp2)
  49. 7.2 今後の研究課題 / p113 (0120.jp2)
  50. 謝辞 / p114 (0121.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174782
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175059
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339096
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ