【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

気体の非共鳴磁気光学効果の高感度検出に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 波川, 壮智 ナミカワ, モリサト

書誌事項

タイトル

気体の非共鳴磁気光学効果の高感度検出に関する研究

著者名

波川, 壮智

著者別名

ナミカワ, モリサト

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士(工学)

学位授与番号

甲第216号

学位授与年月日

1999-03-25

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 要旨 / p2 (0004.jp2)
  2. 目次 / p4 (0006.jp2)
  3. 1.序論 / p1 (0009.jp2)
  4. 1.1 磁気光学効果 / p1 (0009.jp2)
  5. 1.2 分光学への応用 / p2 (0010.jp2)
  6. 1.3 非共鳴領域における研究 / p3 (0011.jp2)
  7. 1.4 偏光測定装置の高感度化 / p4 (0012.jp2)
  8. 1.5 本研究の目的 / p8 (0016.jp2)
  9. 1.6 本論文の構成 / p9 (0017.jp2)
  10. 2.原理 / p10 (0018.jp2)
  11. 2.1 磁気複屈折性 / p10 (0018.jp2)
  12. 2.2 偏光信号強度 / p14 (0022.jp2)
  13. 2.3 検出感度 / p19 (0027.jp2)
  14. 3.偏光測定装置 / p25 (0033.jp2)
  15. 3.1 装置の概要 / p25 (0033.jp2)
  16. 3.2 消光比の向上 / p28 (0036.jp2)
  17. 3.3 光源強度の安定化と偏光信号の測定方法 / p43 (0051.jp2)
  18. 3.4 系統誤差の低減 / p51 (0059.jp2)
  19. 3.5 背景雑音の評価 / p54 (0062.jp2)
  20. 4.測定結果 / p56 (0064.jp2)
  21. 4.1 アルゴンの非共鳴磁気複屈折性 / p56 (0064.jp2)
  22. 4.2 他研究との比較 / p58 (0066.jp2)
  23. 4.3 非共鳴磁気複屈折性の波長依存性 / p62 (0070.jp2)
  24. 5.真空磁気複屈折性の検出 / p65 (0073.jp2)
  25. 5.1 真空磁気複屈折性による楕円率変化 / p65 (0073.jp2)
  26. 5.2 装置改良の方針 / p67 (0075.jp2)
  27. 5.3 検出感度の向上 / p68 (0076.jp2)
  28. 5.4 偏光信号の増強 / p70 (0078.jp2)
  29. 6.結論 / p75 (0083.jp2)
  30. 付録A 磁気複屈折性の定性的説明 / p77 (0085.jp2)
  31. A-1 原子・分子の磁気複屈折性 / p77 (0085.jp2)
  32. A-2 磁気複屈折性の共鳴効果 / p79 (0087.jp2)
  33. A-3 真空の磁気複屈折性 / p82 (0090.jp2)
  34. 付録B 非共鳴磁気複屈折性の現象論 / p86 (0094.jp2)
  35. 参考文献 / p91 (0099.jp2)
  36. 謝辞 / p96 (0104.jp2)
  37. 本研究に関する発表論文と学会講演 / p97 (0105.jp2)
0アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174873
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175150
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339187
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ