【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

微生物のセルロース分解酵素に関する分子生物学的・生物工学的研究

この論文をさがす

著者

    • 柏木, 豊 カシワギ, ユタカ

書誌事項

タイトル

微生物のセルロース分解酵素に関する分子生物学的・生物工学的研究

著者名

柏木, 豊

著者別名

カシワギ, ユタカ

学位授与大学

東京農工大学

取得学位

博士(農学)

学位授与番号

乙第109号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0007.jp2)
  3. 1.1 序 / p1 (0007.jp2)
  4. 1.2 バイオマス中のセルロース / p2 (0008.jp2)
  5. 1.3 セルロースの糖化 / p7 (0013.jp2)
  6. 1.4 セルロース分解酵素研究の流れ / p10 (0016.jp2)
  7. 1.5 本研究の目的 / p18 (0024.jp2)
  8. 第2章 セルロース分解酵素生産菌の検索とその酵素に関する研究 / p20 (0026.jp2)
  9. 2.1 セルロース分解酵素生産菌Robillarda sp.Y-20の分離と酵素生産 / p20 (0026.jp2)
  10. 2.2 Robillarda sp.Y-20のセルロース分解酵素遺伝子のクローニングと塩基配列の解析 / p58 (0064.jp2)
  11. 2.3 Robillarda sp.Y-20のエンドβ-グルカナーゼ(EGI)遺伝子の発現系の構築とその遺伝子産物の性質 / p78 (0084.jp2)
  12. 2.4 要約と考察 / p104 (0110.jp2)
  13. 第3章 Cellvibrio gilvusのセルロース分解酵素系に関する研究 / p106 (0112.jp2)
  14. 3.1 Cellvibrio gilvusの培養と粗酵素の大量生産 / p106 (0112.jp2)
  15. 3.2 Cellvibrio gilvusのセルロース分解酵素の精製と性質 / p128 (0134.jp2)
  16. 3.3 Cellvibrio gilvusのセルロース分解酵素遺伝子のクローニング / p148 (0154.jp2)
  17. 3.4 大腸菌で発現したCellvibrio gilvusのセルロース分解酵素遺伝子産物の性質 / p171 (0177.jp2)
  18. 3.5 要約と考察 / p191 (0197.jp2)
  19. 第4章 セルロース分解酵素の利用に関する生物工学的研究 / p195 (0201.jp2)
  20. 4.1 セルロース分解酵素の固定化とグルコース生産 / p195 (0201.jp2)
  21. 4.2 セルロース分解酵素によるセロビオースの生産 / p220 (0226.jp2)
  22. 4.3 要約と考察 / p237 (0243.jp2)
  23. 第5章 結論 / p239 (0245.jp2)
  24. 文献 / p243 (0249.jp2)
  25. 謝辞 / p254 (0260.jp2)
  26. Summary / p255 (0261.jp2)
2アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174892
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175169
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339206
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ