【12/14(木)17時より】CiNiiの常時SSL化(HTTPS接続)について

カラム分離濃縮法を用いる亜硝酸イオンおよび硝酸イオンの吸光光度定量に関する研究

この論文をさがす

著者

    • 王, 根鳳 オウ, コンホウ

書誌事項

タイトル

カラム分離濃縮法を用いる亜硝酸イオンおよび硝酸イオンの吸光光度定量に関する研究

著者名

王, 根鳳

著者別名

オウ, コンホウ

学位授与大学

福井大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

甲第57号

学位授与年月日

1999-03-23

注記・抄録

博士論文

目次

  1. 目次 / p1 (0004.jp2)
  2. 緒論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1章 ジアゾ化-カップリング反応およびゼフィラミンとヨウ化物とのイオン対をナフタレンに担持した捕集剤を用いる環境水および土壌中の亜硝酸イオンおよび硝酸イオンの吸光光度定量 / p11 (0011.jp2)
  4. 1.1 緒言 / p11 (0011.jp2)
  5. 1.2 実験方法 / p12 (0012.jp2)
  6. 1.3 実験結果と考察 / p17 (0014.jp2)
  7. 1.4 結語 / p41 (0026.jp2)
  8. 1.5 文献 / p41 (0026.jp2)
  9. 第2章 カラム分離濃縮法による環境水および果実中の亜硝酸イオンおよび硝酸イオンの吸光光度定量 / p43 (0027.jp2)
  10. 2.1 緒言 / p43 (0027.jp2)
  11. 2.2 実験方法 / p44 (0028.jp2)
  12. 2.3 実験結果と考察 / p47 (0029.jp2)
  13. 2.4 結言 / p57 (0034.jp2)
  14. 2.5 文献 / p57 (0034.jp2)
  15. 第3章 カラム濃縮法を用いる環境水および野菜中の亜硝酸イオンおよび硝酸イオンの吸光光度定量 / p59 (0035.jp2)
  16. 3.1 緒言 / p59 (0035.jp2)
  17. 3.2 実験方法 / p60 (0036.jp2)
  18. 3.3 実験結果と考察 / p62 (0037.jp2)
  19. 3.4 結言 / p83 (0047.jp2)
  20. 3.5 文献 / p84 (0048.jp2)
  21. 第4章 ジアゾ化-カップリング反応を用いる亜硝酸イオンおよび硝酸イオンのカラム濃縮-吸光光度定量 / p86 (0049.jp2)
  22. 4.1 緒言 / p86 (0049.jp2)
  23. 4.2 実験方法 / p87 (0049.jp2)
  24. 4.3 実験結果と考察 / p90 (0051.jp2)
  25. 4.4 結言 / p115 (0063.jp2)
  26. 4.5 文献 / p115 (0063.jp2)
  27. 総括 / p117 (0064.jp2)
  28. 謝辞 / p120 (0066.jp2)
3アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000174921
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000175198
  • DOI(NDL)
  • NDL書誌ID
    • 000000339235
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ