土壌微生物における土壌の透水性変化に関する研究 土壌 微生物 透水性 変化

この論文をさがす

著者

    • 関勝寿 セキ, カツトシ

書誌事項

タイトル

土壌微生物における土壌の透水性変化に関する研究

タイトル別名

土壌 微生物 透水性 変化

著者名

関勝寿

著者別名

セキ, カツトシ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (農学)

学位授与番号

甲第13530号

学位授与年月日

1998-03-30

注記・抄録

博士論文

報告番号: 甲13530 ; 学位授与年月日: 1998-03-30 ; 学位の種別: 課程博士 ; 学位の種類: 博士(農学) ; 学位記番号: 博農第1889号 ; 研究科・専攻: 農学生命科学研究科生物・環境工学専攻

目次

  1. 目次 / p1 (0003.jp2)
  2. 第1章 序論 / p1 (0006.jp2)
  3. 第1節 はじめに / p1 (0006.jp2)
  4. 第2節 既往の研究 / p3 (0008.jp2)
  5. (1)微生物活動と土の透水係数の関係 / p3 (0008.jp2)
  6. (2)透水係数低下の諸要因 / p6 (0011.jp2)
  7. 第3節 目的と構成 / p19 (0024.jp2)
  8. 第2章 長カラム実験による透水係数低下要因の特定 / p20 (0025.jp2)
  9. 第1節 実験の目的 / p20 (0025.jp2)
  10. 第2節 試料 / p20 (0025.jp2)
  11. (1)試料選択の理由 / p20 (0025.jp2)
  12. (2)試料採取地の概要 / p21 (0026.jp2)
  13. (3)試料採取方法 / p21 (0026.jp2)
  14. (4)土壌断面調査および物理性測定結果 / p22 (0027.jp2)
  15. 第3節 実験の方法 / p33 (0038.jp2)
  16. (1)実験の概要 / p33 (0038.jp2)
  17. (2)実験装置 / p33 (0038.jp2)
  18. (3)実験条件 / p37 (0042.jp2)
  19. (4)土の充填と水の浸潤 / p39 (0044.jp2)
  20. (5)測定項目および測定方法 / p40 (0045.jp2)
  21. 第4節 実験の結果と考察 / p45 (0050.jp2)
  22. (1)透水係数の変化 / p45 (0050.jp2)
  23. (2)試料の膨潤による透水係数の低下 / p69 (0074.jp2)
  24. (3)糸状菌の増殖による透水係数の低下 / p71 (0076.jp2)
  25. (4)微生物のメタン発生による透水係数の低下 / p82 (0087.jp2)
  26. (5)鉄の還元化による間接的影響 / p94 (0099.jp2)
  27. 第5節 まとめ / p95 (0100.jp2)
  28. (1)長期浸透による透水係数の低下 / p95 (0100.jp2)
  29. (2)微生物細胞と代謝生成物による間隙の閉塞 / p95 (0100.jp2)
  30. (3)微生物活動にともなうガス発生の影響 / p96 (0101.jp2)
  31. (4)還元化による2価鉄生成の影響 / p96 (0101.jp2)
  32. 第3章 短カラム実験による透水係数低下要因の個別評価 / p97 (0102.jp2)
  33. 第1節 実験の目的 / p97 (0102.jp2)
  34. 第2節 方法 / p98 (0103.jp2)
  35. (1)実験の概要 / p98 (0103.jp2)
  36. (2)試料 / p98 (0103.jp2)
  37. (3)実験装置 / p105 (0110.jp2)
  38. (4)実験条件 / p108 (0113.jp2)
  39. (5)測定項目および測定方法 / p108 (0113.jp2)
  40. 第3節 実験の結果と考察 / p111 (0116.jp2)
  41. (1)透水係数の変化 / p111 (0116.jp2)
  42. (2)気相率の変化 / p111 (0116.jp2)
  43. (3)実験開始直後の封入空気の溶解 / p114 (0119.jp2)
  44. (4)糸状菌の増殖による透水係数の低下 / p117 (0122.jp2)
  45. (5)微生物のメタン発生による透水係数の低下 / p121 (0126.jp2)
  46. (6)複合現象 / p128 (0133.jp2)
  47. 第4節 まとめ / p131 (0136.jp2)
  48. (1)透水係数と気相率の変化 / p131 (0136.jp2)
  49. (2)細菌と糸状菌の桔抗関係 / p131 (0136.jp2)
  50. (3)糸状菌の増殖による乾燥密度の増加 / p132 (0137.jp2)
  51. (4)目詰まり層の薄さ / p132 (0137.jp2)
  52. (5)微生物のメタン発生による透水係数低下 / p132 (0137.jp2)
  53. 第4章 均一径粒子のクロッギングモデル / p134 (0139.jp2)
  54. 第1節 はじめに / p134 (0139.jp2)
  55. 第2節 理論 / p135 (0140.jp2)
  56. (1)Colonial shape factorの導入 / p135 (0140.jp2)
  57. (2)相似モデルの限界と非相似モデルの必要性 / p137 (0142.jp2)
  58. (3)式の展開 / p137 (0142.jp2)
  59. 第3節 既往の研究へのモデルの適用 / p141 (0146.jp2)
  60. (1)バイオフィルムとαの関係 / p141 (0146.jp2)
  61. (2)バイオフィルムの厚さと透水係数の関係 / p142 (0147.jp2)
  62. (3)形状係数の定義の再検討 / p145 (0150.jp2)
  63. (4)αと透水係数の関係 / p148 (0153.jp2)
  64. 第4節 まとめ / p155 (0160.jp2)
  65. (1)まとめ / p155 (0160.jp2)
  66. (2)今後の課題 / p155 (0160.jp2)
  67. 第5章 結論 / p158 (0163.jp2)
  68. 第1節 結論 / p158 (0163.jp2)
  69. 第2節 今後の課題 / p159 (0164.jp2)
  70. 参考文献 / p161 (0166.jp2)
  71. 謝辞 / p167 (0172.jp2)
17アクセス

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000178913
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000179191
  • DOI(NDL)
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000000343227
  • データ提供元
    • 機関リポジトリ
    • NDL-OPAC
    • NDLデジタルコレクション
ページトップへ