発生工学を用いた2型糖尿病発症の分子機構の解明 : グルコキナーゼ欠損マウス,グルコキナーゼ・インスリン受容体基質-1ダブル欠損マウスの解析 Analysis of the molecular pathogenesis of type 2 diabetes mellitus using glucokinase knockout mouse and glucokinase/insulin receptor substrate-1 double knockout mouse models

この論文をさがす

著者

    • 寺内, 康夫 テラウチ, ヤスオ

書誌事項

タイトル

発生工学を用いた2型糖尿病発症の分子機構の解明 : グルコキナーゼ欠損マウス,グルコキナーゼ・インスリン受容体基質-1ダブル欠損マウスの解析

タイトル別名

Analysis of the molecular pathogenesis of type 2 diabetes mellitus using glucokinase knockout mouse and glucokinase/insulin receptor substrate-1 double knockout mouse models

著者名

寺内, 康夫

著者別名

テラウチ, ヤスオ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (医学)

学位授与番号

乙第15038号

学位授与年月日

2001-04-25

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000230203
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000230699
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004104761
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ