近代吊橋における二律背反相克の歴史 : 経済性と剛性 How bridge engineers have struggled with the "economic efficiency vs. stiffness antinomy" in the development of the modern suspension bridges

この論文をさがす

著者

    • 川田, 忠樹 カワダ, タダキ

書誌事項

タイトル

近代吊橋における二律背反相克の歴史 : 経済性と剛性

タイトル別名

How bridge engineers have struggled with the "economic efficiency vs. stiffness antinomy" in the development of the modern suspension bridges

著者名

川田, 忠樹

著者別名

カワダ, タダキ

学位授与大学

東京大学

取得学位

博士 (工学)

学位授与番号

乙第15258号

学位授与年月日

2002-02-14

注記・抄録

博士論文

各種コード

  • NII論文ID(NAID)
    500000230423
  • NII著者ID(NRID)
    • 8000000230920
  • 本文言語コード
    • jpn
  • NDL書誌ID
    • 000004106559
  • データ提供元
    • NDL-OPAC
ページトップへ